園芸を楽しむすべての人に

コーヒーは飲料だけじゃない! その後

こんにちは。
研究開発部の保田です。

先日コーヒーが発芽した様子をお届けしました。

コーヒーは飲料だけじゃない!



それから約10日後、どうなったかなと様子を見てみると、かわいらしい双葉が出ていました。

周りを見渡してみると、殻を脱ぎ捨てようとしているコーヒーもありました。その姿は、なんだか応援してあげたくなる気持ちになります。殻は結構固いので大変と思います。一生懸命生きようとしているのが伝わってきます。

もう少し経って、完全展開葉が出てきたら植え替えてあげよう。

プロトリーフチャンネルでは様々な植物の栽培方法を簡単に動画でご覧いただけます。

弊社オンラインショップでは、オリジナルの室内観葉植物の土をご用意しています。

通販専用培養土 つちから 6L(室内観葉植物用)
1,080円(税込)

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

秋ガーデニングに向けて、土づくりの準備をはじめましょう

こんにちは。
研究開発部の保田です。

秋ガーデニングに向けて、土づくりの準備をはじめてはいかがでしょうか。
やることは春とほとんど同じです。

これまでに紹介している土づくりに関する記事をまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。

春のシーズンに向けて!土作りに欠かせない石灰について

春のシーズンに向けて!土作りに欠かせない腐葉土について

春のシーズンに向けて!畑と花壇の土の作り方

春のシーズンに向けて!古い土の再生方法の動画まとめ

良い土づくりが良いガーデニングに繋がります。

当社オンラインショップでも土づくりに必要な資材を販売しております。
ぜひご利用ください。

土のリサイクル材コーヒーの恵み
627円(税込)
古い土の再生材5L
735円(税込)
古い土の再生材12L
1,296円(税込)
粉状苦土石灰
627円(税込)

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コーヒーは飲料だけじゃない!

こんにちは。
研究開発部の保田です。

この画像が何だかわかりますでしょうか?
答えはコーヒーが発芽した様子。

飲料のイメージが強いコーヒーですが、もちろんその原料となるコーヒー豆はコーヒーの木から収穫されます。

コーヒー豆はコーヒーの種でもあります。なんだか混乱してしまいそう。

最近、コーヒーは観葉植物としても人気が出てきています。コーヒーの葉はつやつやとしていて、観賞価値の高い植物ですよ。

園芸専門店やホームセンターで種の状態で販売されていることはあまり多くないと思いますが、3寸ポットの苗木であれば入手可能だと思います。

お好みの培養土に植え替えて、インテリアグリーンとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

極端に暗い場所に置くと調子が悪くなってしまいますので、窓際の明るい場所に置いて、育ててみてください。

弊社オンラインショップでは、オリジナルの室内観葉植物の土をご用意しています。

通販専用培養土 つちから 6L(室内観葉植物用)
1,080円(税込)

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

土用の丑の日はウナギもいいけど、培養土もね

こんにちは。 研究開発部の保田です。
今日は土用の丑の日。土用の丑の日といえばウナギでしょうか。

この時季になるとコンビニでもウナギが陳列されていますよね。

【丑の日にちなんで、「う」からはじめる食べ物を食べると夏負けしない】

こんな風習があったのは江戸時代からあったと言われています。

園芸に置き換えてみると、土用の丑の日に培養土を使って、「う」からはじまる植物、例えばウンベラータを育ててみてはいかがでしょうか。

フィカス ウンベラータの育て方・日常管理

ウンベラータのカイガラムシ駆除 その1

ウンベラータのカイガラムシ駆除 その2

弊社オンラインショップでは、オリジナルの室内観葉植物の土をご用意しています。この時季にウンベラータを植え替える場合は、直射日光の当たらない場所で管理して、水は乾き気味にして様子を見るようにしてください。

通販専用培養土 つちから 6L(室内観葉植物用)
1,080円(税込)

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

富山県で開催された、農資材系のイベント企業ブースに出展しました

こんにちは。
研究開発部の保田です。
先週分の土ブログの記事が更新できず、申し訳ございませんでした。

先週は富山県に出張に出ていまして、花卉・野菜の生産者の方々とディスカッションを行っていました。同時に企業ブースに当社も出展をしており、私も現場に立って、生産者の皆様と意見交換をさせていただきました。
普段は園芸業界のイベントに出展することがほとんどですが、今後はこのように農資材系分野のイベントにも積極的に出展して、当社製品のアピールに努めていきたいと思います。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

とある日の当社研究室の様子

こんにちは。
研究開発部の保田です。

本ブログでは日光圃場での栽培試験の様子や、土づくりの様子をお届けしていますが、今回はいつもとは雰囲気の違う仕事の様子をお届けしたいと思います。

当社東京本社には研究室があり、同僚が品質検査等の作業を行っています。ある日研究室を覗いてみると、クリーンベンチと呼ばれる、ホコリや環境微生物の混入を避けながら作業を行うための装置で作業を行っていました。話を聞いてみると、土の中にいる微生物を増やすための作業なんだとか。これをやることにより、土の中に微生物の量がわかるんだそうです。

今回お見せした設備はほんの一部ですが、当社研究室では、お客様にお届けする商品の品質を向上させるために、様々な測定や試験を行っています。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2017年春の栽培試験 根洗いは根気が必要

こんにちは。
研究開発部の保田です。

春の栽培試験の様子の続きをお届けします。これまでの記事のリンクはこちらに貼っておきますね。

2017年春の栽培試験 培養土まとめ作業編

2017年春の栽培試験 鉢への培養土充填作業編

2017年春の栽培試験 コマツナプラグ苗定植編

2017年春の栽培試験 地味だけどとても大切な日常管理編

ご無沙汰をしてしまっておりますが、栽培試験、継続しております。この記事は、宿泊先の宇都宮駅前にあるホテルで執筆しています。
コマツナプラグ苗定植から約2ヶ月経過するので、写真撮影と測定等作業に入ります。測定項目は地上部(土から上の部分)の大きさと重量、地下部(根部ですね)の重量です。

今年の栽培試験の検体数は約300弱。1検体あたり3反復取っているので、計1,000鉢弱の測定をすることになります。
測定作業でネックなのが根部の重量測定の下処理。何をするかというと、根部の重量を測定するために土だけを洗い流していく作業。これがかなり根気のいる作業なのです。作業に必死過ぎて写真を撮り忘れましたが、ひとつひとつポットから根鉢を取り出して洗う作業は、肉体的・精神的にタフな方でないとキツい作業です。繊維質の原料で構成されている土が根に絡んでいるのを取り除いていく作業は、本当に気が遠くなりそうです。根気のいる作業ですが、綺麗なデータを取るためにとても大切な作業なので気が抜けません。

1週間宇都宮駅前に泊りがけです。毎日餃子食べて頑張ってます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

トマトをより受粉させやすくするためのワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。
先週は記事更新ができず、大変失礼いたしました。

6月です。東京地方は梅雨に入っているようですが、梅雨らしくない天気が続いています。じめじめせず、天気が良いので、ガーデニングが捗ってよろしいですが。
さて、今回はミニトマトをより受粉させやすくするためのワンポイントアドバイスです。
トマトを育てている方はそろそろ、花がついて、トマトの実も付きはじめている頃かと思います。さらに実つきを良くするためのワンポイントアドバイス。指でトマトの花を軽く揺らしてあげます。こうすることで、トマトをより受粉させやすくすることができます。あまり強い力を入れてしまいますと、花が取れてしまいますので、注意が必要です。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像をタップしたままにしておくと、動画が流れます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

トマトを誘引するときのワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

5月ももうすぐ終わります。皆さん、ガーデニングの調子はいかがでしょうか。今年のガーデニングでも栽培する野菜の人気上位にトマトが入ってきています。トマトを育てている方のトマト苗は、そろそろ大きくなってきた頃かと思います。大きく育ってきたトマト苗に支柱を立ててあげましょう。

支柱を立てることによって、次のようなメリットがあります。
1.トマトの果房(トマトの実が房状になっている状態のこと)を地面から離すことによって、病気にかかることを防ぐ。
2.茎や果房の付け根を折れにくくする。

今回の土ブログは土のお話ではなく、支柱への誘引の方法のワンポイントアドバイス。

当社東京本社のあるビルのベランダで、ミニトマトを栽培しています。葉も茎も大きくなってきたので、支柱を立ててビニル紐で誘引をしました。誘引もいろいろな方法があるかと思いますが、あらかじめ、支柱に紐を結わった後に八の字を作るようにすると、植物を傷つけること無く誘引することができるので、おすすめです。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像をタップしたままにしておくと、動画が流れます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ジョウロの蓮口が見つからない時の水やりの方法のワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

日に日に気温が上がっていますが、みなさんの植物の調子はいかがでしょうか。
今回は培養土に植わっている植物の水やりの方法について、ワンポイントアドバイス。

水やりをするときはジョウロを使うかと思いますが、蓮口が無い!!!!

そんな時はないでしょうか。
蓮口を付けずに水やりをすると、水が勢い良く飛び出し、土をえぐってしまうことがあります。場合によっては根を痛めてしまうこともありますので、なるべく避けたいところです。
では、蓮口がない状態でのジョウロで、どのように水やりをすれば良いのか。おすすめしたいのは、水が出る部分を手で塞ぎ、水の勢いを弱めるようにすること。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像を指でタップしたままにしておくと、動画が流れます。

こんな風に、手で水の勢いを弱めて水やりをすれば、土をえぐる心配もありません。

どうしても蓮口が見つからない!でも水やりがしたい!という時にお試しください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ