園芸を楽しむすべての人に

植物にとって良い土の構造を作り出しているのは誰? 

こんにちは。
研究開発部の保田です。

目の前の土を手に取ってみると、手にとった瞬間に崩れてしまうもの(1)や、力を加えた方向に崩れるもの(2)、そして簡単には崩れないもの(3)があります。(1)と(2)のように土の粒子が単純に並んでいるものは単粒構造、(3)のように土の粒子が集まってできた粒は団粒構造と呼ばれています。
これを図示してみると、次の図のようになります(図の○は土の粒子を示す)。
土壌構造
土の粒の大きさは均等でないので、実際はもっとばらつきが生じますが、綺麗に表すとこのようになります。こう見ると、単粒構造よりも団粒構造の方が、粒と粒の間の隙間が大きいことがわかります。この隙間は土の保水性・排水性・通気性が良く、かつ、植物の根が伸びやすい環境になりやすいので、植物にとって棲みやすい環境と言えます。いわゆる、「ふかふかな土」というのは団粒構造が発達している土のことを言います。
一方で単粒構造正列・斜列だと、土の保水性・排水性・通気性が悪く、土が硬くなる傾向にあるので、根が伸びにくくなってしまいます。単粒構造は植物にとって良い環境とは言い難いです。

団粒構造が植物にとって良いことはわかりましたが、この団粒構造は一体誰が作り出しているのでしょう。(※ここでは自然界にある土についてのお話です。)

実は団粒構造を作り出しているのは、土壌生物や植物の根なのです。土壌微生物が出す菌糸や、有機物を分解したときに出す粘着物質が土の粒を繋ぎ合わせて団粒構造を作り出しています。ミミズに代表される土壌動物を土の団粒化にひと役買っています。ミミズの”ふん”は有機物をふんだんに含んでいることから、土の粒よりも安定した粒子として団粒構造を支えているのです。
植物の根が伸びていくと、主根から側根、そして毛根が伸びてきます。この毛根が土の粒を繋ぎ合わせる役目をしていています。

団粒は過度な乾燥、湿潤によって崩れ、単粒化してしまいます。団粒の崩壊が進むと土の粒が小さくなり、隙間が減少して水や空気の入る量が少なくなってしまいます。このような状態では植物の生育にとって良い状況ではありません。

植物を上手に栽培するには土の団粒構造を作り出すことがとても大切なのです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

秋はガーデニングの季節。そろそろ植え付けの準備はじめませんか?(※関東基準)

こんにちは。
研究開発部の保田です。

お盆休み明けで今日から出勤という方も多いのではないでしょうか。弊社本社も本日から営業しております。
皆さまお盆休みはいかがお過ごしでしたか?

朝夕はだんだんと涼しくなり、秋の気配が感じられるようになってきました。秋はガーデニングの季節です。そろそろ植え付けの準備をはじめませんか?

9月から植え付け・植え替えが出来る植物は下記のとおりです。
※関東基準


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

土壌改良資材ってなんですか?ー定義と政令指定土壌改良資材ー

こんにちは。
研究開発部の保田です。
気象庁が東北地方が梅雨明けしたと報じましたので、梅雨がないと言われる北海道以外全てで梅雨明けしたことになりますね。
ですが、今日の東京は朝から大雨そして、時々雷が鳴っています。夏の天気かと言えばそうかもしれませんが、梅雨明けしたのに雨が続くなぁと思う今日此の頃です。
さて、これから全国的に本格的な夏がやってきますね。園芸では秋に向けた準備をそろそろ行う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今日は秋の園芸の準備ということで、土の再生に使う土壌改良資材についてご紹介します。

土壌改良資材ってなんですか?ー定義と政令指定土壌改良資材ー

土壌改良資材は農林水産大臣が地力増進法で、政令で品質表示の基準を定めているもの(政令土壌改良資材)とそれ以外のものに分けられます。
政令土壌改良資材は下記12種類です。

  • 泥炭(ピート)
  • バーク堆肥
  • 腐植酸質資材
  • 木炭
  • 珪藻土焼成粒
  • ゼオライト
  • バーミキュライト
  • パーライト
  • ベントナイト
  • VA菌根菌
  • ポリエチレンイミン系資材
  • ポリビニールアルコール系資材

地力増進法での土壌改良資材の定義は、

「植物の栽培に資するため、土壌の性質に変化をもたらすことを目的として土地に施されるもの」

となっています。
かたい言い回しになっていて、わかりづらいですよね。

これをやわらかい表現にしてみると、

土に混ぜることによって、土の物理性・化学性・生物性を向上させて、育ちを良くするための資材

ということになります。
一般的に言われている土壌改良資材の中には肥料取締法で肥料に該当するものや地力増進法で政令して指定されたもの、そしてこれらに該当しないものも含まれています。
ホームセンターや園芸店に行くと、土壌改良資材として売られている商品は数多くあります。商品の品質の確保や適正な取扱いのために、農林水産省が表示の適正化が必要な土壌改良資材を政令で指定しているのです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

関東甲信地方梅雨明け

こんにちは。
研究開発部の保田です。
気象庁が昨日7月28日に関東甲信地方が梅雨明けとみられると発表しました。いよいよ関東甲信地方も夏到来です!
園芸では水やりがとても大切な季節になります。土が乾いたら鉢底から水が出るまでたっぷりと与えましょう。
夏休みのご旅行で長期間自宅を離れるお客様もいらっしゃると思います。そんなお客様におすすめなのが、液状保水剤アクアゲインです。
液状保水剤アクアゲインは原料に超吸収高分子化合物を使用しており、発売から10年以上経過しているロングセラー商品です。使い方はアクアゲイン50mLと1.5Lの水をペットボトルなどの容器に入れて、よく混ぜあわせます。混ぜあわせた水溶液を植物の水やりと同じタイミングで与えます。長期間の旅行や外出の間にアクアゲインが植物を潤いをキープします!夏休みの旅行にぴったりなオススメ出来る商品です。
アクアゲインはプロトリーフオンラインショップでも購入できます。
ekijyouhosuizaiakuagein500miririttoru
プロトリーフオンラインショップはこちらから。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

種からトマト栽培にチャレンジ in 日光圃場

こんにちは。
研究開発部の保田です。

中部地方以西は梅雨明けし、本格的な夏がやってきます。
これから家庭菜園でトマトの栽培を始める方がいるかどうかわかりませんが、プロトリーフ研究開発部はこれからトマト栽培をはじめます!
というのも、トマトの栽培試験に必要な苗の入手が難しく、自前で育苗することになったからです。

IMG_1305
7月21日の状態がこちら。
6月末にセルトレーにトマト種子を播種してから約1ヶ月で小さめのプラ鉢に鉢上げをしました。
日光もこれから本格的な夏がやってきます。無事に栽培試験に使える苗が出来上がるか少し不安ではありますが、順調に育つよう見守りたいと思います。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

園芸培養土はどんな原料を主に使って作られているのか、調べてみた。

こんにちは。
研究開発部の保田です。
日光圃場での作業が一段落しましたので、今は社内でデータ整理などに追われています。この時期になると毎年事務作業で慌ててしまいますので、今年は予定を立ててスムーズに作業ができるように取り組もう!と部内で調整しつつ進めております。

栽培試験の作業がひと通り終わった時にふと思いました。
「全国から集めた園芸培養土が目の前にある。これらがどんな原料を使っているのかを調べてみれば今の園芸培養土のトレンドがわかるのでは?(自社調べ)」
と。
園芸培養土の原料に関する情報は書籍やウェブサイトなどで数多く紹介されていますが、市場に出ている商品がどの原料を主に使っているのかという情報はほとんど無いのではないでしょうか。

今回の土ブログでは今世の中で販売されている園芸培養土はどんな原料で作られているのか?ということで、実際に調べてみました。

これが今の園芸培養土の主原料のトレンドだ!(自社調べ)

北は北海道から南は九州まで、全国から集めた園芸培養土(n=350)の主原料を調べました。
<調査方法>

  • 調査対象は花用・野菜用に使える培養土(特定の植物専門の培養土は除く)のみ。
  • 主原料の確認は培養土の目視確認とパッケージ記載確認による。
  • 同じ商品が複数ある場合は、販売店ごとに1つの商品としてカウントする。
  • 原料は同じで容量違いの場合は1つの商品としてカウントする。

その結果がこちら。
土ブログ_01
1位:バーク堆肥 44%
2位:ココヤシピート 29%
3位:赤玉土 10%
4位:ピートモス 6%
5位:粒状培土 4%
多い順にこのような結果となりました。

今のトレンドとして、半数近くの園芸培養土の主原料にバーク堆肥が使われていました。次いでココヤシピート。当社の主力商品の「花野菜用かる~い培養土」の主原料もココヤシピートであります。
バーク堆肥とココヤシピートを合わせて約70%以上となり、繊維質の原料が大半を占めていました。古くから園芸培養土の原料として使われていた赤玉土は全体の1割にとどまり、割合としてはそこまで多くない状況。
もともと園芸用の土は「赤玉土」、「鹿沼土」といった火山灰性の土が単品で売られていたところからはじまります。お店で買ってきた単品の土を自分の育て方に合わせてブレンドをするようになり、それであればはじめからいくつかの原料をブレンドした土を売ってみようということで生まれたのが今の培養土です。
年々園芸が盛んになるにつれ、さまざまな原料が開発されてきました。世に出たものの、そのまま消えてしまった原料もあるかもしれません。今日まで多くの園芸培養土で主原料として使われているということは、ある程度の植物にとって相性の良い原料であることは間違いなさそうです。(一部例外の植物がありますので、一概には言えませんが。)
園芸培養土のほとんどが伝統的に使われてきた赤玉土から、繊維質の原料にシフトしてきています。「軽さ」や「土をふかふかにする」など、ユーザーの使い勝手や土壌物理性の改善などを訴求した培養土が増えてきているのかもしれません。

商品開発を進める上で、現状のトレンドがどのようになっているのか、これまでどのような培養土が開発されてきたかを振り返り、継続的に調べ続けることはとても重要なことです。
ユーザーの次のニーズは何になるのか予測をつけることもできそうです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その73】アクアゲイン500mL

ekijyouhosuizaiakuagein500miririttoru

こんにちは。
研究開発部の保田です。
7月に入り、気温がぐんぐんと上がってきていますが、皆様、水分補給はしっかりとされていますでしょうか。
植物も人間と同じでこの時季は水分補給が欠かせません。日中既に水分が切れてしまっていても、涼しくなる夕方まで待たずに水やりをしましょう。

そんな水やり作業を楽にしてくれるアイテムが「液状保水剤アクアゲイン」です。液状保水剤アクアゲインは原料に超吸収高分子化合物を使用しており、発売から10年以上経過しているロングセラー商品です。

使い方はアクアゲイン50mLと1.5Lの水をペットボトルなどの容器に入れて、よく混ぜあわせます。混ぜあわせた水溶液を植物の水やりと同じタイミングで与えます。
長期間の旅行や外出の間にアクアゲインが植物を潤いをキープします!夏休みの旅行にぴったりなオススメ出来る商品です。

※水やりのコツ 鉢物の場合
日陰に鉢を移動させて鉢底から水が抜けるまでたっぷりと与えます。これを数回繰り返します。
根元だけではなく、同時に葉にも水をかけます。そうすることで水分の吸収が早まります。

※水やりのコツ 移動できないサイズの鉢物と地植えの場合
移動ができないサイズ鉢物と地植えの場合は地温が下がるくらいまで水を与えます。
中途半端な量を与えてしまうと地温が上がりやすくなってしまいますので、注意します。
もし可能であれば同時に葉にも水をかけます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2016年春栽培試験 ー測定篇 栽培試験最終データ収集ー

こんにちは。 研究開発部の保田です。 前回の土ブログで2016年春栽培試験 ー観察篇 栽培試験途中経過ーをお届けしました。今回は新たに測定篇ということで栽培試験最終データ収集の様子をお届けします。

測定項目は様々です

これまで栽培をしてきたコマツナの成長度合いを様々な観点で評価を行います。コマツナの成長度合いを測定し、別途行う土壌分析の結果と照らしあわせて総合評価を行います。 一例ですがコマツナの成長度合いの測定項目は下記です。

  • 葉長:ポットの中で最も大きな葉の長さを測定
  •  

  • 葉幅:ポットの中で最も大きな葉の幅を測定
  •  

  • 葉枚数:ポット全体の葉の枚数を測定
  •  

  • 葉重量:ポット全体の葉の重量を測定
  •  

  • 根重量:ポット全体の根の重量を測定

IMG_0860 測定を行う検体を取り出します。コマツナの葉はやわらかく、ちぎれやすいので、慎重に取り扱います。
IMG_0873 葉長、葉幅の測定を行います。コマツナの成長を数値に落としこむことで、検体間での比較がしやすくなります。
test

葉の重量を測定します。葉長や葉幅の数値が大きくても、葉がひょろっとしている場合もありますので、重量測定は重要な項目のひとつになります。IMG_0902 土を洗い流してた後に根の水気をよく切り、根の重量を測定します。葉だけではなく、植物が上部に育つためには根の成長も重要になります。測定誤差を小さくするために、根に付着した土を良く洗い流す必要があります。この作業が実に根気のいる作業ですが、しっかりとしたデータを得るために、ひとつひとつ丁寧に作業を行いました。

IMG_0912
準備期間を含めて作業開始から約2ヶ月間で日光圃場での作業が終了しました。後は収集したデータをまとめて資料として完成させます。完成した資料は研究開発部で使用することはもちろん、各担当営業に配布して今年の春の傾向はどうだったのかなどの情報をお客様にお伝えするための資料として活用してもらいます。
研究開発部として今年一番の大仕事が落ち着きつつあります。来年も本栽培試験を実施する予定です。より着実にデータを蓄積して、よりよい商品開発につなげていきたいと思っています。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

弊社日光圃場で弊社営業部とディスカッションを行いました

IMG_9761
こんにちは。
研究開発部の保田です。
先日、弊社営業部が全国から弊社日光圃場に一堂に会し、ディスカッションを行う機会がありました。
主な内容は、現在行っている2016年春栽培試験についてです。各営業担当エリアの試験区の試験状況を見てもらい、品質について現状どのようになっているのかを目の当たりにしてもらいました。結果としては良し悪しはありましたが、現状把握が出来たことは大きな収穫でした。忌憚のない意見が飛び交い、研究開発と営業の間で活発なディスカッションができたことは、今後の商品開発ならびに研究開発において非常に重要なことと感じます。
営業側から商品開発提案を、開発側から営業ツール提案をそれぞれフレキシブルに行えるのは、当社ならではと改めて感じました。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

とある日の日光圃場で

こんにちは。
研究開発部の保田です。

先日当社の日光圃場に出かけてきました。目的は新しい培養土の配合をテストするためです。今回は量が少なかったので手で混ぜてテストサンプルを作成してみました。その様子をご紹介します。
IMG_9436
一例ですが、このように計量した原料をバットに投入します。
IMG_9432
今回は量が少ないので手混ぜします。この時にムラがでないように気をつけます。
IMG_9434
テストサンプルを栽培試験用ポットに充填します。
IMG_9433
必要量充填できたら完成です。
IMG_9439
テストサンプルを試験場に運びます。その後テストサンプルを加水し、プラグ苗を抵触しやすくするための穴を開けておきます。
IMG_9438
こちらが抵触するためのコマツナプラグ苗。播種後2週間以上経過したものを使用します。
IMG_9440
テストサンプルに静かに定植します。これで新しい培養土の配合をテストする環境が整いました。
栽培試験は植物主体の作業です。何が植物にとって最適なのかを考えながら行うので、本当は終わりのない作業なのかもしれません。
よりよい商品を作り出すために、研究開発部では挑戦をし続けています。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ