園芸を楽しむすべての人に

土と植物と放射性物質

今回は予定していた内容を変えて、放射性物質と土についてです。

  

福島県の原子力発電所のニュースは、放射能についての知識が少ない私たちにとって非常に気になるところです。飲料水や野菜、魚、牛乳などは国によって定められている基準値を元に安全であるか否かがわかります。

 

では、農作物を育てる土はどうなの??土からなる培養土はどうなの??

 

財団法人日本土壌肥料学会より基礎的な情報が発信されていますので、簡単ではありますが放射性物質と土の関係をお話したいと思います。

 

よく耳にするのはセシウム(Cs)とヨウ素(I)ですが、土の場合は特にセシウム(Cs)が問題になります。これは半減期が8日というヨウ素(I)に比べ、セシウム(Cs)は30.2年と長いことによります。

 

そもそも放射性物質は大気中で細かい粉じんと一緒になり空中から落下してきます。雨が降る場合もありますね。すると磁石のように土はセシウム(Cs)を表面にとどめ、土中の粘土鉱物がセシウム(Cs)を囲い込み、セシウム(Cs)にとって非常に居心地の良い住処となります。土からセシウム(Cs)が離れにくくなる要因の約7割が、このように粘土鉱物に囲い込まれることによります。

 

では、根からセシウム(Cs)が吸い上げられてしまうのでは?!

 

土から植物への移行は植物の種類や土の性質によって大きく異なりますが、粘土鉱物とセシウム(Cs)の結合は非常に強く、時間が経てば経つほど土壌中の水分に溶け出すのはわずか。

例えば牧草栽培実験では、セシウム(Cs)を加えた直後に種をまいた場合よりも、数ヶ月後にまいた方が牧草中セシウム(Cs)濃度が低かった、という研究報告があります。また、3大肥料成分の一つであるカリウム(K)と似たような性質をセシウム(Cs)が持っていることから、土壌中のカリウム(K)の濃度が高いほどセシウム(Cs)が植物に吸収されにくい傾向がある、という研究報告もあります。

 

実際のところは飲料水や農作物などに比べ、土の放射性物質に対する基準値というのはまだ定かではありません。
しかし、そう簡単に植物に吸収されるわけではない!ということを知っていただきたいのです。

 

もちろん、当社でも放射性物質の測定等、品質の管理を怠ってはおりません!
どうぞご安心くださいませ。

 

園芸ファンの方はもちろんのこと、プロトリーフはガーデニングで日本を支えます!
まだ見ぬ笑顔のために、私は今日も作場へ向かいます・・・


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

11 Responses to “土と植物と放射性物質”

  • やじうま:

    今回の地震をきっかけに、騒がれだした“放射能の数値”ですが、貴社では以前から「測定」をなさっていたとのこと。恐れ入リます。貴社の「安全基準値」は、どのくらいに設定しておられるのですか?とても興味があります。ご回答願います。

  • tsuchifun:

    コメントありがとうございます。

    水田土壌の暫定安全基準値が5000ベクレルということですので、もちろん当社もそれに従っての事となります。(土壌から稲へ移行するのはおおよそ10分の1といわれています)
    ただし、こうした分析は自社にて行えませんので分析依頼をしており、現状ではヨウ素、セシウムともに未検出という結果をいただいております。

    また、実際の簡易測定においても5000ベクレル=65マイクロシーベルト(セシウム137の場合)を元に、それ以上の値に達していないかということで注意をしております。なお、4月初旬の測定時には1マイクロシーベルト以下という数値を確認しております。

  • やじうま:

    ご回答ありがとうございます。やはり水田土壌の数値が基準でしたか。
    口経被曝と単純接触被曝の基準が別に設定されているのかと思いました。
    勉強になりました。

  • ns:

    培養土と放射性物質に関する検索をしていてこちらを見つけました。
    土の業者さんでこういった情報を発信しているかたが少ないように思いますので
    とても参考になりました。

  • tsuchifun:

    放射能や放射性物質などは震災がなければ、当社でも縁遠いことだったと思います。
    これからも勉強をしながらにはなりますが、少しでも皆様にご理解いただけたら幸いです。
    コメントありがとうございました。

  • MK:

    こんにちは。 御社では放射能検査を行っているとのこと、ほっとしております。有り難うございます。
    下記商品、どこの地域で採取されたものなのか、教えて下さい。 ちなみにこの商品、御社名が配されているものの、御社ホームページ上では(私の探した限りでは)見当たりませんでした。

    casa graine 100%腐葉土25L
    カーマ日進竹の山店(愛知県日進市)で約一週間前に購入。

  • tsuchifun:

    こちらの製品はマレーシア製となります。
    農林水産省の自粛規制には当てはまらないのでご利用いただいて問題ありません。

  • KS:

    casa graineの腐葉土は全てマレーシア製なのでしょうか?
    当方は、愛知県のカーマ田原店で腐葉土20Lを買ったのですが、
    不安です。

  • tsuchifun:

    正しくは、マレーシアで取れた葉を岐阜県で製造(袋詰め)しています。このことから、この土を使用して問題ないと判断しております。

  • KS:

    ありがとうございます。

  • MK:

    御礼遅くなりましたが
    ご回答有り難うございます。
    安心して使用することにします。

コメント