園芸を楽しむすべての人に

ちょこっと家庭菜園

 

先週よりはっきりしないお天気が多く、例年より入梅が早い傾向にあるようですが、皆さまは今シーズンの野菜栽培ははじめられましたでしょうか?

 

栃木県鹿沼市のハウス前には、右写真のジャガイモの葉が生き生きとしています。

 

 

店頭の野菜苗もだいぶ落ち着きを見せ、今後はもう少し成長した12cmポット以上の大苗がお目見えします。

ハーブや葉もの野菜の種まきも、まだまだ遅くはありません。

 

 

さて、これからでも始めようという方、

当社では汎用性の高い商品のほかに、ポイントを絞った培養土も多く取り扱っています。

 

今回ご紹介するのは、その名も「家庭菜園の土」

 この商品は2009年発売のまだまだ新しい商品です。

     

 

あえて「野菜の土」としなかったわけは?

「家庭菜園」というダイレクトな言葉を使うことで、初心者の方にもわかりやすくするためです。

 

 

さて、中身は?

   

花と野菜の有機培養土とあまり変わらない中身ですが・・・

 

赤玉土や鹿沼土を減らし、重さの軽いピートモスを増やし、

また、もみがら堆肥を加えることで重さ軽減と物理性の改善に努めました。

初めての方がベランダで使っていただくことを想定し、実は、通常の配合よりも少し軽くしてあるのです。

 

また栽培には足りない5Lという容量にこだわったのは、

初心者の方の「まずは始めてみる」という気持ちを後押しできるような商品!

そんな思いが込められているのです。

 

さらに、当社他商品の5Lサイズより店頭価格を100円ほど安く設定できるよう、

重さだけでなく、お値段も軽くしました!

 

 

「初心者の方に使っていただきたい、とにかくガーデニングをはじめてもらいたい」

 

そんな思いを持った、若手営業兼開発担当者と若手女性デザイナーが手がけた商品です。

 

 

広いスペースがなくてもOK!

何からはじめて良いかわからない方も、ちょこっと家庭菜園がこれでつくれますよ。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント