園芸を楽しむすべての人に

商品ごとの放射線量測定値のご報告

 

昨日と本日午前に計測した商品ごとの放射線量を公表致します。

※補足:下記の商品リストは「PROTOLEAF(プロトリーフ)ブランド」です。

カーマホームセンター、ダイキホームセンター、ホーマックホームセンター、くろがねやホームセンターでお取り扱いしております「CASA GRAINE(カーサグレイン)ブランド」商品とは原材料が異なります。

(単位はμSv/h マイクロシーベルト毎時)

商品名 7月27日 7月28日
製造地 弊社直営店(東京) 鹿沼(栃木)
元気の素 栃木県鹿沼市 0.08/0.12 0.09
花と野菜の有機培養土 栃木県鹿沼市 0.05/0.09 0.10
ハーブの土 栃木県鹿沼市 0.09/0.11 0.10
バラの土 栃木県鹿沼市 0.08/0.11 0.13
ミニバラの土 栃木県鹿沼市 0.09 0.11
観葉植物の土 栃木県鹿沼市 0.02/0.04 0.15
ハンギングの土 栃木県鹿沼市 0.06
サボテン・多肉植物の土 栃木県鹿沼市 0.06/0.08 0.16
洋ランの土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09
さし芽・種まきの土 栃木県鹿沼市 0.03/0..11 0.12
クンシランの土 栃木県鹿沼市 0.02 0.10
パンジーの土 栃木県鹿沼市 0.13
ブルーベリーの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08
ブリエッタの土 栃木県鹿沼市 0.06
すてられる土 栃木県鹿沼市 0.04 0.10
すてられる野菜の土 栃木県鹿沼市 0.10
山野草の土 栃木県鹿沼市 0.09/0.11 0.11
シャコバサボテンの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.05
観音竹・棕櫚竹の土 栃木県鹿沼市 0.12 0.13
サンスベリア・金のなる木アロエの土 栃木県鹿沼市 0.12
ガーデンシクラメンの土 栃木県鹿沼市 0.10
球根の土 栃木県鹿沼市 0.09
いちごの土 栃木県鹿沼市 0.12
洋ランバーク 栃木県鹿沼市 0.09 0.06
洋ラン杉皮 栃木県鹿沼市 0.11 0.10
クレマチスの土 栃木県鹿沼市 0.12
チューリップの土 栃木県鹿沼市 0.08
花専用培養土『開花前線』 栃木県鹿沼市 0.09
野菜専用培養土『野菜豊作』 栃木県鹿沼市 0.05
サフィニアの土 栃木県鹿沼市 0.06
フィエスタの土 栃木県鹿沼市 0.09
京成バラ園の土 栃木県鹿沼市 0.05/0.08 0.12
バラのたい肥 栃木県鹿沼市 0.06/0.08 0.15
ミリオンベルの土 栃木県鹿沼市 0.10
コリウスの土 栃木県鹿沼市 0.08
睡蓮の土 栃木県鹿沼市 0.08/0.09 0.08
ユリ・カサブランカの土 栃木県鹿沼市 0.08
菊の土 栃木県鹿沼市 0.15
プランターリサイクル材 栃木県鹿沼市 0.05
クリスマスローズの土 栃木県鹿沼市 0.05
青アジサイの土 栃木県鹿沼市 0.13
赤アジサイの土 栃木県鹿沼市 0.08
果樹・花木の土 栃木県鹿沼市 0.06 0.15
かる~い培養土 栃木県鹿沼市 0.12/0.13 0.10
バイオオルガ 栃木県鹿沼市 0.12
本気野菜の土 栃木県鹿沼市 0.11
家庭菜園の土 栃木県鹿沼市 0.11
家庭菜園のたい肥 栃木県鹿沼市 0.03 0.09
グリーンカーテンのたい肥 栃木県鹿沼市 0.07
花壇のたい肥 栃木県鹿沼市 0.13 0.08
古い土の再生材 栃木県鹿沼市 0.05 0.16
ローズソイル 栃木県鹿沼市 0.12 0.06
袋のまま育てられる野菜の土 栃木県鹿沼市 0.10
トマトにとまと 培養土 栃木県鹿沼市 0.11
ゴーヤdeゴーヤ 培養土 栃木県鹿沼市 0.10
イチゴはいちご 培養土 栃木県鹿沼市 0.05
ジャガInじゃが 培養土 栃木県鹿沼市 0.08
ナスは茄子 培養土 栃木県鹿沼市 0.12
キュウリだ!きゅうり 培養土 栃木県鹿沼市 0.12
ピーマンかシシトウ 培養土 栃木県鹿沼市 0.06
プチポタジェ バジル 栃木県鹿沼市 0.09 0.10
プチポタジェ コリアンダー 栃木県鹿沼市 0.10
プチポタジェ パセリ 栃木県鹿沼市 0.09 0.10
プチポタジェ ルッコラ 栃木県鹿沼市 0.06 0.10
プチポタジェ ベビーキャロット 栃木県鹿沼市 0.08 0.10
プチポタジェ キャッツグラス 栃木県鹿沼市 0.06 0.10
花野菜用かる~い培養土 栃木県鹿沼市 0.04/0.09 0.10
プランター・花壇の土(関東限定) 栃木県鹿沼市 0.11
プレミアム有機培養土 栃木県鹿沼市 0.10
ブルーベリーピートモス 栃木県鹿沼市 0.09
かる~い鉢底石 栃木県鹿沼市 0.06/0.09 0.10
鉢底石 栃木県鹿沼市 0.06/0.12 0.08
赤玉土 栃木県鹿沼市 0.08
硬質赤玉土 栃木県鹿沼市 0.04/0.09 0.08
鹿沼土 栃木県鹿沼市 0.05
硬質鹿沼土 栃木県鹿沼市 0.06
黒土 栃木県鹿沼市 0.11
腐葉土 栃木県鹿沼市 0.13
バークチップ 栃木県鹿沼市 0.04/0.12 0.06

夕刻に、現在話題となっている腐葉土の放射線量を屋外ではなく室内の無風状態の場所(鹿沼)で計測しました。

 

弊社の腐葉土を測定

そうすると0.04μSv/h(マイクロシーベルト毎時)まで下がりました。
東京で計測するだけでも上がったり下がったりと、空気中に浮遊する放射線量で数値が変化します。
計り方を統一することが重要になりますが、いずれにしても放射線量の基準値がどうなるのかが、注目されます。

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

5 Responses to “商品ごとの放射線量測定値のご報告”

  • engei_beginner:

    農水省から提示されている水田土壌の基準値は「ベクレル」単位ですが、なぜ「シーベルト」単位で公表されているのでしょうか。「空中に浮遊する放射線量で数値が変化する」ということは、腐葉土そのもののから放出されている線量を計測していることになるのか疑問に思ったのですが・・・

    また多くの放射線量測定器が流通していますが、「どの機器で測定したらこの値だ」ということを示すことでより信頼のある数値になるのではないでしょうか。

  • owatteru:

    放射線技師から聞いた話だけど・・・
    10万円以下&外国製は信頼できないって聞いてる
    安い測定器だと、0.1μSv/h以下は誤差の範囲だって

    >水田土壌の基準値は「ベクレル」単位
    とりあえず測定してみたよってことだろ

  • tsuchifun:

    ベクレルを計測できる計器を私たちが保持していない、というのが現況です。入手を試みているのですが、未だ目処が立っておりません。いつからベクレルで計測を始められるか、正確にお伝えできる段階になりましたら、お知らせ申し上げます。
    まずは私たちに可能なことを滞りなく実行し、計測した正確な数値を皆さまへご報告することに努めて参ります。

    御参考まで、6月30日に第3者機関において、当社の腐葉土の計測をベクレル単位にて行いました。その結果、この検体は57ベクレルでした。しかしながら、当社では定期的に測ることが重要であると考えており、まずはSvという単位での公表となっている現状をご報告申し上げます。
    現状のご報告は不十分と認識しております。今後一層の改善をしながら、皆さまのお役に立てる深い情報をお届けできればと考えております。

    ご報告が遅くなりましたが、計測にあたり弊社で使用しております計器の機種は以下の2種です。
    今後も計測にあたってはいずれの機種での測定値か、情報を付記致します。

    アメリカ製
    SE International 社 (http://seintl.com/)
    Inspector EXP+ (http://seintl.com/products/inspector%2BEXP.html)
    測定範囲:0.01~1000μSv/hr

    ドイツ製
    Coliy technology gmbH 社 (http://coliy.jp/)
    放射線測定器・900シリーズ
    New radiation scanner Model 900
    測定範囲:0.01~1500μSv/hr
    (http://www.coliy.com/download/radiation%20scanner%20900%20manual.pdf)

  • tsuchifun:

    仰る通りで、まずはガイガーカウンターを入手し、ご参考にしていただければといち早く計測値を公表したものです。

    機器の正確性に関しては、0.01μSv(マイクロシーベルト毎時)単位では非常に微妙といわざるを得ません。ただ0.1μSvレベルでは正確に計測ができていると考えられます。
    計測器の正確性につきまして以下、御説明致します;
    福島第一原発の事故後、福島県富岡町(福島原発の隣町で、10キロメートル圏内)で園芸店を経営していた者が、6月のはじめに当社の社員として入社致しました。一時帰宅の際に弊社で使用している計器を持ち込み、自宅近辺やいわき市、常磐道各所の数値を計測致しました。
    その結果、報道されている数値とほとんど同じ値であったので、計測値の結果には間違いはないものと判断しております。

    引き続き正確な情報をお伝えしていく所存です。

  • engei_beginner:

    基準が定まらない中、ご尽力されていることお察しいたします。

    腐葉土の暫定基準値が400ベクレル以下ということになったようですが、マイクロシーベルトとベクレルの関係についてはユーザーも正しい知識・情報を自分で収集しなくてはならないですね。

    個人的には
    >空気中に浮遊する放射線量で数値が変化します。
    という部分にはまだ疑問と不安を感じます。

    暫定でも基準値が示された今、御社でも可能な限りベクレル単位での情報提供を期待しております。

    ご回答ありがとうございました。

コメント