園芸を楽しむすべての人に

計測値とNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーター

計測値のご報告を含め更新が滞ってしまい、このブログをご覧くださっている皆様には大変なご迷惑をおかけしております。

9月20日、家庭園芸肥料用土協議会主催による農林水産省担当官を交えての講習会に参加しました。活発な質問がなされた中で、この度の放射性物質の飛散による影響を甚大に受けた17都県のメーカーは、現状は大きな打撃を受けておりますが、これを機に強くなれるのではという希望的感触を得ました。

9月21日には大型の台風が日本を直撃。全国的に多くの被害があり、東京本社においても15時退社としました。身の危険を感じるほどの風が吹き荒れ、建設中の建物の骨組みが崩れるなどの被害が多々見受けられました。下記は本社前の様子です。数トンはあると思われる自動販売機が倒れました。木も倒れました。電車も止まり、歩行者が多数路上を歩く様子は、3月11日を思い起こさせるような雰囲気でした。

 

9月6日より、表題にあるNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーターを使って計測を始めました。これは農林水産省指定の、待ちに待っていた計器です。到着後から直ぐに計測を続けておりますが、100ベクレル、50ベクレルという単位は計測をするのにとても時間がかかります。1検体の計測に、約1時間かかります。一方、セシウム含有の多い検体(計測調査用に入手したもので、商品ではございません)を計測すると、数分で計測が可能でした(結果は25000ベクレル/1kg)。

当社の商品について、現状では400ベクレル/1kg以上になるものはありません。50ベクレル/1kgから200ベクレル/1kg程度の誤差で計測値が出ています。この計測に先立って、すべての商品を外部機関で計測していましたが、外部機関が用いるゲルマニウム半導体検出機よりもNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーターの方が若干数値が高めに出ています。これを差し引いても当社の商品はいずれも400ベクレル/1kg以上にはなっておりませんので、安心してご使用いただけるものと考えています。計測にはこれまでより少し時間は掛かってしまいますが、定期的な数値報告を心がけ、当たり前ながら暫定基準値を絶対に超えない管理をしてまいります。

 

余談ですが放射能リスクに関する紙面などを見ると、喫煙リスクを1.6とした場合、500ベクレル/1kgに汚染されたものを毎日食べたときのリスクは1.01程度ということです。また、喫煙をしなくても、副流煙の方がリスクが高いとのことです。つまり隣でタバコを吸っている人がいた場合は、毎日500ベクレル/1kg程度汚染されたものを食べるよりも気をつける必要があることになります。

今回の問題で日々放射性物質のリスクについて考える中で、その他のリスクにはどのようなものがあるか、例えば土に含まれる放射性物質以外にどのようなリスクがあり得るか、生々しく考えるようになりました。本当の土の安全とはどういうことか。放射性物質の問題はもちろんのことですが、土の安全性について広い目で見ながら掘り下げていきたいと考えています。喫緊の課題としては放射性物質の植物への移行係数調査、情報取得、被災地への「土」に関する支援です。これからも引き続き真正面から取り組んでいきます。

 

現在は、来年の秋にデビューする商品の試験や開発がピークを迎えて、皆忙しく過ごしております。来年の春、皆様に安心安全を当たり前のこととしながら、園芸の奥深さや植物の奥深さを表現できるような商品をご提供いたします。どうぞご期待下さい。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2 Responses to “計測値とNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーター”

  • 西山温子:

    放射線量の値を拝見しました。粘土質の庭土の改良に「元気の素」が有効なようなのでもっと購入しようとししましたが、店頭にはないのでagureのネット販売を利用しました。店頭には並べないけれどもネットでは扱うとはどういうことなのですか。御社の考えをお聞かせください。

  • tsuchifun:

    アグレでのお買い求めありがとうございます。

    お客様がいつもお買い求めになっているお店は、以前は「元気の素」を扱っていたお店ということでしょうか?
    店頭に並ぶ商品は、各小売店様ごとの選択・ご判断で販売されております。弊社としましては、小売店様の基準等に沿う形で商品をご提供しております。

    現在当社のオンラインショップ・アグレで販売しているものは、放射性物質の検査で農林水産省による暫定基準値である400Bq/kgを下回っているという事実を確認したものです。(検査の結果、暫定基準値を上回る商品は一点もございませんでした)

    引き続き安心してお使いいただけるよう、検査を徹底して行って参ります。
    ご不明な点がございましたら、お知らせください。

コメント