園芸を楽しむすべての人に
最近のコメント

Archive for 4月 2012

【土の種類と特徴 その6】 川砂(かわずな)

「川砂(かわずな)」は、河口に堆積した砂です。

通気性、水はけは良いが、
保水性、保肥力がやや悪いです。

矢作砂(やはぎずな)、富士川砂、天竜川砂などがあります。

オモトや盆栽、サボテン、山野草などに利用されます。
水のキレ、肥料のキレが良いため繊細な管理が可能ですが、
水切れに注意が必要です。

坂本


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【土の種類と特徴 その4】 荒木田土(あらきだつち)

水田の下層、河川敷、池沼の周辺で採れる比較的粘土質で
重いな土のこと。田土(たつち)。

東京・荒川の沿岸にある「荒木田」が産地であることから
「荒木田土」と呼ばれます。

排水性、通気性は悪いが、保水力、保肥力が良い。

基本用土として、腐葉土などと組み合わせて
サクラソウや菊、盆栽の栽培にも用いられます。
比重が重く、水に沈むので
水生植物の植え付けや、ビオトープにも欠かせません。

睡蓮や蓮は荒木田土だけを利用(単用)して栽培することもできます。

 
「泥だんご」にもオススメ!?

坂本


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【土の種類と特徴 その3】 黒土(くろつち)

関東地方の台地上の表層部分で、腐葉土などの有機物を含む肥沃な土。
その色から「黒土(くろつち)」とよばれます。

 
下には赤土(赤玉土)の層があり、さらにその下には鹿沼土の層があります。

保水性があり、しっとりとした黒髪のイメージ?
鉢植え、コンテナ栽培などの培養土のベースとなりますが、
通気性がやや悪いので腐葉土やパーライトを混ぜて調整します。
また土のリン酸分(NPKの「P」)を固定しやすく、保肥力があります。

坂本


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ