園芸を楽しむすべての人に

【商品紹介 その23】プロトリーフ 観葉植物の土2L

4535885003021観葉植物の土2L
プロトリーフ観葉植物の土は排水性と保水性を兼ね備えた培養土です。初期生育分の肥料をあらかじめ配合していますので、そのまま植え替えられます。観葉植物ひと言でいっても、部屋においておくだけで十分に越冬できるものから湿度がないとすぐに枯れてしまうものまで多種多様です。したの表を参考に鉢の置き場所等を工夫してください。ただし、湿度を好むからといって水を与えすぎるのは禁物です。湿度を好むものは晴天の日なら1日に2~3回、霧吹きで葉水してあげれば大丈夫です。加湿器を利用するのも効果的です。1日に一度、窓を開けて空気の入れ替えをすることをおすすめします。夏場は室温が上がりやすくなるので、空気を循環させるために送風機を利用することをおすすめします。根が温まりすぎることと、急激な乾燥を防ぐために、冬場に床暖房を使用する際は、観葉植物を直接置かないようにします。熱が直接伝わらないように、厚手の布などを敷いて、その上に観葉植物を置くことをおすすめします。

温度

■高温グループ(10℃以上)
クワズイモ、アンスリューム、カラジュウム、クロトン、アレカヤシ、コーヒーノキ、シーグレープ、ウンベラータ、パキラなど
■中温グループ(5~10℃)
アジサンタム、アスパラガス、スパティフィラム、シンゴジウム、ディフェンパッキア、ピレア、ベゴニア、ポトス、シェフレア、プテリス、ヘゴ、アロウカリア、エバーフレッシュなど
■低温グループ(3~5℃)
アナナス類、ゴムノキ類(ウンベラータ除く)、サンスベリア、トランデスカンティア、テヘッチア、ノリナ、オリヅルラン、ヘデラ、ホヤ、ストレリチアなど

日照

■間接光を好む種類
アジアンタム、シンゴジウム、スパティフィラム、ディフェンバッキア、フィットニア、プテリス、ホヤ、ヘゴなど
■春・秋は日なた、夏は半日陰に置く種類
アスパラガス、アンスリューム、オリヅルラン、カラジュウム、サンスベリア、シェフレラ、ドラセナ、トラディスカンティア、ピレア、フィロデンドロン、ベゴニア、ヘデラ、ぺぺロミア、ポトス、モンステラ、ヤシ、シーグレープなど
■日光を好む種類
クワズイモ、アブロチン、クロトン、ココヤシ、コーヒーノキ、ソテツ、ノリナ、ユッカ、エバーフレッシュ、ストレリチア、ウンベラータなど

湿度

■多湿を好む種類(70%以上)
クワズイモ、アンスリューム、シンゴジウム、スパティフィラム、ディフェンバッキア、ピレア、フィロデンドロン、フィットニア、モンステラ、ウンベラータなど
■普通の種類(70%~50%)
アカリファ、アナナス類、カラジュウム、ゴムノキ類(ウンベラータ除く)、コロトン、シダ類、ドラセナ類、ぺぺロミア類、ホヤ、シーグレープ、エバーフレッシュなど
■湿気をあまり必要としない種類(50%以下)
アスパラガス、オリヅルラン、ギヌラ、サンスベリア、ツユクサ類、ヤシ類、ストレリチアなど

原料:赤玉土、鹿沼土、ピートモス、バーク堆肥、もみがら堆肥、くん炭 等


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント