園芸を楽しむすべての人に

新本社への移転に伴い、研究室ができました。【植物育成室編】

プロトリーフ研究開発課の保田です。

2月10日(月)より弊社プロトリーフは、新本社に移転いたしました。移転先はこれまでと同じビルの7階ワンフロアとなり、オフィスの広さが2.5倍になりました。これまで、自社商品の品質管理は栃木県の日光研究所で行っていましたが、今後は、東京本社にもその機能を持たせて、さらなる製品品質の向上・安定と、お客様満足度の向上を目指してまいります。
新たに研究室として、土壌分析や放射線量測定を行う「土壌分析室」、そして植物育成に必要な空調と植物育成用LED光源を備えた「植物育成室」を設けました。今回は【植物栽培室編】をお送りします!

植物育成室はこういう部屋です

IMG_6877オフィス入口に立つと、まず目に飛び込んでくるのが、植物育成室です。とてもインパクトのある作りになったかと思います。ご来社いただいたお客様は必ずご覧になられていて、担当者としては、非常にうれしいですね。
IMG_6878栽培条件と供試植物を統一することで、培養土による差を見ることができます。
IMG_6883光源はすべて、植物育成用LED光源を使用しています。植物が行う光合成に必要な光成分が含まれているため、光が入りづらい室内でも植物は生長することができます。
IMG_6884このLED光源はタイマーで制御されており、正確に明期と暗期を作り出すことができます。
IMG_6879この植物育成室はミーティングルームに併設されていて、オブジェとしての効果も期待できます。私としては、ミーティングルームに植物があれば、長時間のミーティングもなんとか乗り切れそうです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント