園芸を楽しむすべての人に

土のこと:電気伝導率(EC)

こんにちは。研究開発課の向田です。

今回は電気伝導率(EC)の話を簡単に・・・

 

ECとは土壌中の塩類濃度を表す指標のことで、土壌中の養分量の目安になります。

ECが低いと養分量が少なく、高いと養分量が多いと言えます。

高い養分量だと一見、植物の生育に良さそうですが、高濃度の養分は土壌水分中の浸透圧を高め、植物の養分や水分の吸収を逆に阻害してしまいます。

植物によって生育に適したECは様々ですが、一般的な培養土のおおよその目安として0.3~2.5mS/cmが適したECの値となります。

低すぎても高すぎても植物の生育に影響がもたらされます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント