園芸を楽しむすべての人に

Archive for 2月 2016

【商品紹介 その69】BOTANICAL LIFE Pumice 鉢底石

Pumice
こんにちは。研究開発部の保田です。
今回はBOTANICAL LIFE Pumice 鉢底石のご紹介です。BOTANICAL LIFEシリーズについてはこちらの記事をご覧ください。BOTANICAL LIFE Pumice 鉢底石は使い切りやすい1リットルサイズで、主原料にハスクチップを使用しています。使用後は燃えるゴミとして出すことができますのでお手入れラクラクです。※自治体により異なりますので、お住まいの自治体にご確認下さい。

Flower Soil お花の土Herb Soil ハーブの土Green Soil 観葉植物の土Cactus Soil 多肉植物の土Rose Soil バラの土と一緒に使っていただくと、排水性が良くなるので、おすすめです。

このBOTANICAL LIFE Pumice 鉢底石で植物と共に暮らしてみませんか?


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春の準備、土づくりの前に知っておきたい!黒土、赤玉土、鹿沼土はどんなところで採れているの?

こんにちは。
研究開発部の保田です。
この週末(2月13日、14日)は東京の最高気温が20度を超え、暖かい日となりました。春はもうすぐそこといった陽気でしたが、まだまだ寒い日がやってきそうなので、皆様ご自愛ください。
今回は春の園芸シーズン到来の前に培養土の主原料である黒土、赤玉土、鹿沼土がどのようなところで採れるのかをご紹介したいと思います。

園芸培養土の一大産地:栃木県鹿沼市

kanuma
園芸用培養土の基本用土として使われる黒土、赤玉土、鹿沼土は主に栃木県鹿沼市で取れます。栃木県の中部に位置しており、サツキや鹿沼土をはじめとした培養土の基本用土の生産地として有名です。もともとは家具などの木工業が盛んな町でしたが、サツキを植えるのに鹿沼土が適していることがわかってから園芸用培養土の製造地として有名になっていったと言われています。

黒土、赤玉土、鹿沼土

鹿沼地層
栃木県鹿沼市の地層の様子です。主に園芸用培養土の基本用土は地層となって積み重なっており、一般的に地層と呼ばれています。表層の黒土は植物由来の有機質を豊富に含んでおり、肥沃な土です。赤玉土や鹿沼土は数万年前の火山噴火により火山灰が積み重なってできたと言われています。それぞれの層の土について過去記事があります。
1.黒土
【土の種類と特徴 その3】 黒土(くろつち)
2.赤玉土
【土の種類と特徴 その1】 赤玉土(あかだまつち)
3.鹿沼土
【土の種類と特徴 その2】 鹿沼土(かぬまつち)
普段歩いている地面を横断して見ることはなかなか無いと思いますが、鹿沼市内の採掘場ではよく見られる光景です。

IMG_6743
私は開発担当として掘削現場に行きますが、はじめて地層を目の当たりにした時は画像で見るよりも深くそして高く壁がそびえており、ダイナミックな印象を受けたことを覚えています。それと同時に私たちはこの有限な資源を使っているんだということに改めて気づきました。有限が故にいつかは枯渇してしまう可能性のある資源です。私達プロトリーフは黒土、赤玉土、鹿沼土のようにこれまで園芸用培養土の基本用土として使われてきた主原料と、ココヤシピートのように地球を掘削しないで採れる原料とをバランス良く使っていくことが大切なんだと考えています。
 
 
 
 
 
プロトリーフはたくさんの園芸の画像が集まるサイト、engeisを運営しています。
植物を栽培することだけが園芸ではありません。engeisは画像を通して植物と触れ合うこともひとつの園芸の楽しみ方であると提案します。
engeisに植物の画像を投稿して、楽しんでみてください!

(こちらのバナーをクリックするとengeisのページにアクセスします。)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その68】BOTANICAL LIFE Rose soil バラの土

Rose soil5L
こんにちは。研究開発課の保田です。
今回はBOTANICAL LIFE Rose soil バラの土のご紹介です。
BOTANICAL LIFEシリーズについてはこちらの記事をご覧ください。
BOTANICAL LIFE Rose soil バラの土は主原料にココヤシピート、ハスクチップ、ピートモス、くん炭、腐葉土を使用した培養土です。この培養土には元肥分として菌根菌入有機肥料が入っていますので鉢にそのままバラ苗を植え付けていただくことができます。商品の容量は2リットルと5リットルの2種類がございますので、お住まいのスペースに丁度良いサイズをお選びいただけます。

弊社バラの土はこれまでにこの土ブログで紹介しております。下記リンクをクリックすると各商品の紹介ページにアクセスしますので、是非ご覧ください。
【商品紹介 その19】プロトリーフ バラの土5L
【商品紹介 その20】プロトリーフ 京成バラ園の土5L
【商品紹介 その21】プロトリーフ ローズソイル

「プロトリーフ バラの土」と「京成バラ園の土」と「BOTANICAL LIFE Rose soil バラの土」はそれぞれ特長のある培養土です。
・肥料分
「プロトリーフ バラの土」>「プロトリーフ ローズソイル」>「京成バラ園の土」>「BOTANICAL LIFE Rose soil バラの土」
・比重※(kg/L)
「プロトリーフ ローズソイル」>「プロトリーフ バラの土」>「京成バラ園の土」>「BOTANICAL LIFE Rose soil バラの土」
※培養土1リットル(L)あたりの重さ(kg)のことです。培養土の重さを比較する指標です。

BOTANICAL LIFE Rose soil バラの土は根の成長を重視した排水性・通気性の良い培養土です。菌根菌入り有機肥料を元肥に入れていますので、根の活着が良い培養土です。元肥は弊社他商品に比べて低く設計されていますので、裸苗や新苗など根が弱い段階におすすめです。手間と時間を惜しまず、大切なバラを育てたい方向きの培養土です。

このBOTANICAL LIFE Rose soil バラの土で植物と共に暮らしてみませんか?


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その67】BOTANICAL LIFE Cactus soil 多肉植物の土

Cuctus soil5L
こんにちは。研究開発課の保田です。
今回はBOTANICAL LIFE Cactus soil 多肉植物の土のご紹介です。
BOTANICAL LIFEシリーズについてはこちらの記事をご覧ください。
BOTANICAL LIFE Cactus soil 多肉植物の土は主原料にハスクチップとくん炭と木炭と腐葉土を使用した培養土です。この培養土には元肥分として菌根菌入有機肥料が入っていますので鉢にそのまま観葉植物を植え付けていただくことができます。商品の容量は2リットルと5リットルの2種類がございますので、お住まいのスペースに丁度良いサイズをお選びいただけます。
cactus
“多肉植物”のインターネットでの検索は年々伸びています(Googleトレンド 調べ 2016年2月現在)。園芸ははじめてだけど何か植物を育ててみたい、デスクや空間に緑を置きたい方におすすめの植物です。育ているのはいいけれどこんなに土はいらないなという方に、BOTANICAL LIFE Cactus soil 多肉植物の土はおすすめです!使いきらなくても袋を閉じることができるので保管しやすいです。パッケージもおしゃれなで、まるでボタニカルアートをお部屋に飾っているかの様です。

このBOTANICAL LIFE Cactus soil 多肉植物の土で植物と共に暮らしてみませんか?


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ