園芸を楽しむすべての人に

Archive for 3月 2016

肥料ってなんですか?-肥料の三大要素-

こんにちは。
研究開発部の保田です。
関東地方でも桜の開花報告が多く見られるようになってきました。ガーデニングの本番もそろそろやってきます。多くの方がプランターや鉢を使って花苗や野菜苗を育てられるかと思います。市販のガーデニング用培養土には肥料入りの商品や肥料が入っていない商品など様々あります。
植物は水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を作り出し、自らのエネルギー源としています。これを光合成と言います。しかし閉鎖的空間では光合成で作り出したエネルギー源だけでは栄養分としては不足しがちとなります。植物をもっと綺麗に、もっとおいしく育てるためには外部から栄養分を与える必要があります。この外部から栄養分を与えるものは一般的に肥料と呼ばれています。

肥料にはどんな要素があるのか-肥料の三大要素-

家庭園芸用肥料として市販されている肥料の多くには窒素、リン酸、カリウムが含まれています。これら3要素は肥料の三大要素と呼ばれており、植物の生育の基本要素となります。それぞれの要素の特徴は下記の通りです。
窒素:葉・茎の生育に重要な成分で、葉や株全体の生長を促します。窒素が不足すると葉色が薄くなり、過剰になると茎が徒長して軟弱になります。
リン酸:生育の盛んな部分に多く存在し、花や実の付きを良くします。根をしっかり張らせるためにも不可欠です。リン酸が不足すると花数が少なくなり、花色も悪くなります。
カリウム:根の張りを良くするだけでなく、細胞を丈夫にして病害虫への抵抗力を高める効果もあります。カリウムが不足すると根の張りが悪くなり、生育不良で葉が黄ばむことがあります。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その71】BOTANICAL LIFE Plants food Splay 植物のごはん

Plantu food液肥
こんにちは。研究開発部の保田です。
東京の桜開花宣言が発表され、関東地方にはいよいよ春近づいています。ガーデニングをはじめる準備はお済みでしょうか?
今回はBOTANICAL LIFEPlants food Splay 植物のごはんのご紹介です。BOTANICAL LIFEシリーズについてはこちらの記事をご覧ください。BOTANICAL LIFE Plants food Splay 植物のごはんは使い切りやすい300ミリリットルサイズの花苗にも野菜苗にも使いやすい液体肥料です。
使いきらなくても蓋を閉じることができるので保管しやすいです。ナチュラルな雰囲気のパッケージデザインなので、お部屋の景観を邪魔することはありません。
このBOTANICAL LIFE Plants food Splay 植物のごはんで植物と共に暮らしてみませんか?


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その70】BOTANICAL LIFE Wood chips バークチップ

Wood chips

こんにちは。研究開発部の保田です。
今回はBOTANICAL LIFE Wood chips バークチップのご紹介です。BOTANICAL LIFEシリーズについてはこちらの記事をご覧ください。BOTANICAL LIFE Wood chips バークチップは使い切りやすい1リットルサイズで、主原料に赤松樹皮を使用しています。使用後は燃えるゴミとして出すことができますのでお手入れラクラクです。※自治体により異なりますので、お住まいの自治体にご確認下さい。
鉢に植物を植えつけたは良いものの、土が剥き出しだし見た目を良くしたいというお客様におすすめの商品です。樹皮を原料に使用していますので、ナチュラルな装いで植物の根元を飾ることができます。
使いきらなくても袋を閉じることができるので保管しやすいです。パッケージもおしゃれなで、まるでボタニカルアートをお部屋に飾っているかの様です。
このBOTANICAL LIFE Wood chips バークチップで植物と共に暮らしてみませんか?


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

土の再生について

こんにちは。
研究開発部の保田です。

皆さんは植物を育てた後の土をどうされていますでしょうか。「一度使った土にそのまま次の苗を植えて使うことはできますか。」というお問合わせをいただきますが、そうすると植物が育ちません。

弊社本社オフィスのある東京都港区では土を回収しておりませんので、栽培試験に使用した培養土は再生してオフィスを彩る花苗の植え付け用培養土として利用しています。(自治体によって、土の廃棄・回収の対応は異なります)

ワンシーズン植物が育った後の土は、鉢から空けてみるとクタクタになっていることが多いです。これは植物が育つことにより培養土に含まれる水分と栄養分が吸収されてしまっていること、根が伸びることにより土の空気層が減ってしまうことが原因です。そのままでは次の苗を植えて使うことはできませんのでしっかりと土の再生を行う必要があります。

プロトリーフチャンネルでは土を再生する方法を動画でご紹介していますので、是非ご参考にご覧下さい。

YouTubeプロトリーフチャンネルのおすすめ動画
◎土の再生方法をご紹介します。
古い土の再生方法 その1

古い土の再生方法 その2

プロトリーフオンラインショップでは土の再生に必要な商品を取り揃えておりますので、是非ご利用ください。各商品画像をクリックするとプロトリーフオンラインショップの商品ページにアクセスします。

tsuchinorisaikuruzaikohinomegumi furuitsuchinosaiseizai genkinomoto

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

PROTOLEAF ONLINE SHOP(プロトリーフオンラインショップ)がリニューアルオープンしました

2
こんにちは。
研究開発部の保田です。
PROTOLEAF ONLINE SHOP(プロトリーフオンラインショップ)がリニューアルオープンいたしました!2016年6月30日までのお買い物で、次回お買い物から使えるポイントが15倍になります。また、PROTOLEAF ONLINE SHOPに初回会員登録いただいたお客様、メールマガジンをご購読いただいているお客様に感謝を込めて、PROTOLEAF ONLINE SHOP(プロトリーフオンラインショップ)で使える15%OFFクーポンをもれなくプレゼントいたします!(実施期限:2016年3月31日まで)
本ブログで紹介した培養土もお求めやすくなります。
オンラインショップであれば、重い培養土をお店から自宅まで運ばなくても良いのは嬉しいですよね。
メリットたくさんのPROTOLEAF ONLINE SHOP(プロトリーフオンラインショップ)を是非ご利用下さい。
http://www.protoleaf-shop.com


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ