園芸を楽しむすべての人に

園芸培養土はどんな原料を主に使って作られているのか、調べてみた。

こんにちは。
研究開発部の保田です。
日光圃場での作業が一段落しましたので、今は社内でデータ整理などに追われています。この時期になると毎年事務作業で慌ててしまいますので、今年は予定を立ててスムーズに作業ができるように取り組もう!と部内で調整しつつ進めております。

栽培試験の作業がひと通り終わった時にふと思いました。
「全国から集めた園芸培養土が目の前にある。これらがどんな原料を使っているのかを調べてみれば今の園芸培養土のトレンドがわかるのでは?(自社調べ)」
と。
園芸培養土の原料に関する情報は書籍やウェブサイトなどで数多く紹介されていますが、市場に出ている商品がどの原料を主に使っているのかという情報はほとんど無いのではないでしょうか。

今回の土ブログでは今世の中で販売されている園芸培養土はどんな原料で作られているのか?ということで、実際に調べてみました。

これが今の園芸培養土の主原料のトレンドだ!(自社調べ)

北は北海道から南は九州まで、全国から集めた園芸培養土(n=350)の主原料を調べました。
<調査方法>

  • 調査対象は花用・野菜用に使える培養土(特定の植物専門の培養土は除く)のみ。
  • 主原料の確認は培養土の目視確認とパッケージ記載確認による。
  • 同じ商品が複数ある場合は、販売店ごとに1つの商品としてカウントする。
  • 原料は同じで容量違いの場合は1つの商品としてカウントする。

その結果がこちら。
土ブログ_01
1位:バーク堆肥 44%
2位:ココヤシピート 29%
3位:赤玉土 10%
4位:ピートモス 6%
5位:粒状培土 4%
多い順にこのような結果となりました。

今のトレンドとして、半数近くの園芸培養土の主原料にバーク堆肥が使われていました。次いでココヤシピート。当社の主力商品の「花野菜用かる~い培養土」の主原料もココヤシピートであります。
バーク堆肥とココヤシピートを合わせて約70%以上となり、繊維質の原料が大半を占めていました。古くから園芸培養土の原料として使われていた赤玉土は全体の1割にとどまり、割合としてはそこまで多くない状況。
もともと園芸用の土は「赤玉土」、「鹿沼土」といった火山灰性の土が単品で売られていたところからはじまります。お店で買ってきた単品の土を自分の育て方に合わせてブレンドをするようになり、それであればはじめからいくつかの原料をブレンドした土を売ってみようということで生まれたのが今の培養土です。
年々園芸が盛んになるにつれ、さまざまな原料が開発されてきました。世に出たものの、そのまま消えてしまった原料もあるかもしれません。今日まで多くの園芸培養土で主原料として使われているということは、ある程度の植物にとって相性の良い原料であることは間違いなさそうです。(一部例外の植物がありますので、一概には言えませんが。)
園芸培養土のほとんどが伝統的に使われてきた赤玉土から、繊維質の原料にシフトしてきています。「軽さ」や「土をふかふかにする」など、ユーザーの使い勝手や土壌物理性の改善などを訴求した培養土が増えてきているのかもしれません。

商品開発を進める上で、現状のトレンドがどのようになっているのか、これまでどのような培養土が開発されてきたかを振り返り、継続的に調べ続けることはとても重要なことです。
ユーザーの次のニーズは何になるのか予測をつけることもできそうです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント