園芸を楽しむすべての人に

Archive for 1月 2017

桐生砂と富士砂が人気のようです

こんにちは。
研究開発部の保田です。

この土ブログに来てくださる皆さんの検索キーワードを調べてみると、最近桐生砂富士砂が目立っています。

【土の種類と特徴 その7】 桐生砂(きりゅうずな)

【土の種類と特徴 その8】 富士砂(ふじずな)


時季的には植え付けは行われないですが、今後サボテン・多肉植物や盆栽を育てるために情報収集として検索されているのでしょうか。
「富士砂」をキーワードにウェブ検索をしてみると、家庭園芸だけではなくアクアリウムの水槽の底に敷くために富士砂を使っている方もいるようです。
恐れ入りますが、現状プロトリーフブランドで桐生砂と富士砂は取り扱いがございません。
商品開発担当として関連する他分野を広く知っておかねば、と思った次第です。
 
 
 
 
 
プロトリーフはたくさんの園芸の画像が集まるサイト、engeisを運営しています。
植物を栽培することだけが園芸ではありません。engeisは画像を通して植物と触れ合うこともひとつの園芸の楽しみ方であると提案します。
engeisに植物の画像を投稿して、楽しんでみてください!

(こちらのバナーをクリックするとengeisのページにアクセスします。)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

アジアンタムを植え替えしました。【その後】

こんにちは。
研究開発部の保田です。

ちょうど1ヶ月前にアジアンタムを植え替えた記事を投稿しました。

アジアンタムを植え替えしました。


当時、植え替えから3週間経過したアジアンタムの様子を撮影しています。
そこから1ヶ月経過したアジアンタムがどのような様子になっているのか見てみましょう。
img_2870
こちらが植え替えから約2ヶ月経過したアジアンタムです。
植え替えしたことによって葉がモサモサと茂り、見事に復活してくれました!
img_2869
上から見た様子。
葉は濃い緑色で健康そのものです。

水やりや施肥もとても大切ですが、それと同じくらい植え替えも大切です。
冬が旬の植物を除いて、冬の時期に植物の根を触ることは良しとされていません。
枯れたり弱ったりする原因になりますのでご注意を。

鉢のサイズ選びも大切です。
「ひとまわり大きな鉢」これがポイントです。
植物に対して大きすぎる鉢に植え替えてしまうと土と根のバランスが合わず、根が水を吸い上げにくくなってしまうことがあります。
すると土が乾きにくくなり、結果根腐れになる可能性もあります。

お育てになっている植物が弱々しくなってきたかな?と思った時は、春のシーズンを待って植え替えを検討してみてください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

土の種類と特徴記事まとめ

こんにちは。
研究開発部の保田です。

本ブログでは土の原料紹介記事が良く読まれています。
春の園芸シーズンに向けて、みなさん情報を取り始めていらっしゃるようです。
土の種類と特徴記事をまとめておきます。

【土の種類と特徴 その1】 赤玉土(あかだまつち)

【土の種類と特徴 その2】 鹿沼土(かぬまつち)

【土の種類と特徴 その3】 黒土(くろつち)

【土の種類と特徴 その4】 荒木田土(あらきだつち)

【土の種類と特徴 その5】 真砂土(まさつち、まさど)

【土の種類と特徴 その6】 川砂(かわずな)

【土の種類と特徴 その7】 桐生砂(きりゅうずな)

【土の種類と特徴 その8】 富士砂(ふじずな)

【土の種類と特徴 その9】 ピートモス

【土の種類と特徴 その10】 パーライト(真珠岩パーライト)

【土の種類と特徴 その11】 ビーナスライト(黒曜石パーライト)

【土の種類と特徴 その12】 バーミキュライト

【土の種類と特徴 その13】 カルボキシメチルセルロース

【土の種類と特徴 その14】 チャコールサンド

【土の種類と特徴 その15】 赤玉団粒土


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2017年 本年もよろしくお願いいたします。


新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
研究開発部の保田です。

本年も土に関する情報を皆様にお届けできるよう運営してまいりますので、よろしくお願いいたします。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ