園芸を楽しむすべての人に

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。

こんにちは。
研究開発部の保田です。

突然ですが、培養土を手作りしてみませんか?

ホームセンターや園芸店で販売されている培養土は幅広い植物に対応でき、誰でも使いやすい配合設計になっていることが多いです。
「保水性良い」、「排水性が良い」など、パッケージには様々なキーワードが散りばめられています。ここが難しいところで、人によって水やりのタイミングも違ってくるところが本当のところかと思います。

自分にぴったりな培養土に出会えればそれはとても幸せなことです。
ですが、なかなかそういう訳にもいかないのが実情でしょう。

今回みなさんにお伝えしたいのはひとつ、「培養土を手混ぜして使ってみませんか?」
言うなれば手混ぜ培養土のススメです。

培養土を手混ぜして作るなんて難しいんじゃないの?なんて声が聞こえてきそうですが、コツを掴めばそんなことはありません。
手混ぜ培養土のメリットのひとつは余分な土が余らないという事が挙げられます。使いたい時に使いたい分だけ用意することができます。
市販の培養土を購入しても使いきれずに余ってしまい、余った土はどうしようといったこともありません。

培養土の手混ぜのコツ


培養土は複数の原料を組み合わせて混ぜ合わせることで作られることが一般的です。
ですが、あれやこれやと原料を混ぜ合わせて具だくさんにすればよいということではありません。
植物を育てている環境や、自分の育て方を考えて原料を選んでいけば良いのです。

園芸培養土の黄金率

諸説ありますが、園芸培養土の黄金率と言われている「赤玉土7:腐葉土3」というものがあります。ここに酸度調整のための苦土石灰や、元肥を混ぜ合わせるだけで、基本培養土のできあがりです。大抵の園芸用草花や野菜苗はこの培養土で育てることができます。

「赤玉土7:腐葉土3」をベースにして、植物を育てている環境によって配合を変えてみるのも工夫です。
例えば、風通しの良くない場所で栽培するなら、「赤玉土7:腐葉土3」に軽石やボラ土といったゴロゴロとした原料を混ぜ合わせて、土の通気性と排水性を高めてあげます。そうすることで水やりと同時に土の中に空気を送り込みやすくなるので、根に酸素が行き渡りやすくなります。

「赤玉土7:腐葉土3」にとらわれず、自分の育て方にあわせてアレンジしてみるもの面白いですよ。
室内で植物を育てたいという方もいると思います。その場合は腐葉土や堆肥といった有機質原料は使わずに、赤玉土やバーミキュライト、軽石といった火山灰土や鉱物系の原料を選ぶことをおすすめします。
有機質原料が無いので、コバエやカビが寄りにくく、生えにくい土を作ることができます。

培養土を混ぜるときの注意点

培養土を混ぜる時は微塵をできるだけ取り除きます。”ふるい”を使うのが良いでしょう。微塵を取らずにそのままにしておくと目詰まりを起こすことがありますので、できるだけ取り除きます。

移植ごてなどで原料を混ぜ合わせると原料が潰れてしまう原因になりますので、手袋をして手で混ぜることをおすすめします。手で土を触ると結構気持ちいいですよ。

もし手混ぜして作った培養土が余った場合は、ビニール袋に詰めて封をし、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管してください。

手混ぜ培養土のススメ

手混ぜ培養土のススメ。いかがでしたでしょうか。
植物に愛着を持って育てることはとても素敵なことです。
土も同じように愛着を持ってみませんか?自分で手混ぜして作った培養土だからこそ、自分に合った植物の管理ができるのではないでしょうか。
手混ぜ培養土は市販の培養土に代えがたいメリットをたくさん持っていると思います。
 
 
 
 
 
プロトリーフはたくさんの園芸の画像が集まるサイト、engeisを運営しています。
植物を栽培することだけが園芸ではありません。engeisは画像を通して植物と触れ合うこともひとつの園芸の楽しみ方であると提案します。
engeisに植物の画像を投稿して、楽しんでみてください!

(こちらのバナーをクリックするとengeisのページにアクセスします。)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント