園芸を楽しむすべての人に

春の準備 古い土の再生と新しい土の選び方

こんにちは。
研究開発部の保田です。

本日2/17(金)に関東地方で春一番が吹いたと発表がありました。あわせて東京都心で今年始めて20℃を超えるなど、春めいた陽気になっています。
ガーデニングの本格的な季節ももう少しといったところでしょうか。

春のガーデニングの準備として、古い土をもう一度使う場合は「土の再生」をしましょう。ワンシーズン植物を育てた古い土でもう一度植物を育てようとしてもうまくいきません。
そうならないようにするためにも、古い土を再生させて植物の根がしっかりと張れる土に再生させてあげることが大事なのです。

土の再生について


こちらの記事は動画付きで古い土の再生について解説しているので、ぜひぜひ参考にしてみてください!

新しい土を購入もしくは用意して使う場合は、育てる植物に応じて土を選ぶことをおすすめします。
水はけの良い土を好む植物がいれば、水持ちの良い土を好む植物もいます。たくさんの種類の土の中から一体どれを選んだらよくわからなくなってしまいます。
そんな時はホームセンターや園芸店ではその植物に応じた専門の土が販売されていますので、はじめは専門培養土を選ぶと良いと思います。

植物を育ててみて、もう少しこうだったら良いのにな…なんて自分なりのこだわりがでてくるかもしれません。市販品で自分にぴったりな培養土が見つかればとてもうれしいことですが、そうではない場合は思い切ってオリジナル培養土を作ってみませんか?

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。

“自分仕様”のオリジナル培養土で、こだわりの一品物の植物を育ててみるのも楽しいかもしれませんね。
 
 
 
 
 
プロトリーフはたくさんの園芸の画像が集まるサイト、engeisを運営しています。
植物を栽培することだけが園芸ではありません。engeisは画像を通して植物と触れ合うこともひとつの園芸の楽しみ方であると提案します。
engeisに植物の画像を投稿して、楽しんでみてください!

(こちらのバナーをクリックするとengeisのページにアクセスします。)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント