園芸を楽しむすべての人に
最近のコメント

Archive for 5月 2017

トマトを誘引するときのワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

5月ももうすぐ終わります。皆さん、ガーデニングの調子はいかがでしょうか。今年のガーデニングでも栽培する野菜の人気上位にトマトが入ってきています。トマトを育てている方のトマト苗は、そろそろ大きくなってきた頃かと思います。大きく育ってきたトマト苗に支柱を立ててあげましょう。

支柱を立てることによって、次のようなメリットがあります。
1.トマトの果房(トマトの実が房状になっている状態のこと)を地面から離すことによって、病気にかかることを防ぐ。
2.茎や果房の付け根を折れにくくする。

今回の土ブログは土のお話ではなく、支柱への誘引の方法のワンポイントアドバイス。

当社東京本社のあるビルのベランダで、ミニトマトを栽培しています。葉も茎も大きくなってきたので、支柱を立ててビニル紐で誘引をしました。誘引もいろいろな方法があるかと思いますが、あらかじめ、支柱に紐を結わった後に八の字を作るようにすると、植物を傷つけること無く誘引することができるので、おすすめです。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像をタップしたままにしておくと、動画が流れます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ジョウロの蓮口が見つからない時の水やりの方法のワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

日に日に気温が上がっていますが、みなさんの植物の調子はいかがでしょうか。
今回は培養土に植わっている植物の水やりの方法について、ワンポイントアドバイス。

水やりをするときはジョウロを使うかと思いますが、蓮口が無い!!!!

そんな時はないでしょうか。
蓮口を付けずに水やりをすると、水が勢い良く飛び出し、土をえぐってしまうことがあります。場合によっては根を痛めてしまうこともありますので、なるべく避けたいところです。
では、蓮口がない状態でのジョウロで、どのように水やりをすれば良いのか。おすすめしたいのは、水が出る部分を手で塞ぎ、水の勢いを弱めるようにすること。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像を指でタップしたままにしておくと、動画が流れます。

こんな風に、手で水の勢いを弱めて水やりをすれば、土をえぐる心配もありません。

どうしても蓮口が見つからない!でも水やりがしたい!という時にお試しください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

培養土が余った時のワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

ガーデニングをするために培養土を買ってきたはいいけど、思ったより培養土が余っちゃってどうしよう…とお困りの皆さんへ、余った培養土の保管方法のワンポイントアドバイス。

使わずに余った培養土は、パッケージ袋の口を結って、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管してください。影ができるように遮光シートを設置して、その下に置いたスノコに培養土を乗せて保管しておくとベストです。培養土が乾燥して水がなじまない、ということを防ぐことができます。直射日光の当たる場所に長期間置いておくと、パッケージが劣化し、ボロボロになってしまう場合もありますので、おすすめできません。

一番良いのは開封したらなるべく早めに使い切ることをおすすめしますが、どうしても培養土が余ってしまったよ、という場合はお試しください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2017年春の栽培試験 地味だけどとても大切な日常管理編

こんにちは。
研究開発部の保田です。

春の栽培試験の様子の続きをお届けします。これまでの記事のリンクはこちらに貼っておきますね。

2017年春の栽培試験 培養土まとめ作業編

2017年春の栽培試験 鉢への培養土充填作業編

2017年春の栽培試験 コマツナプラグ苗定植編

栽培試験とはいえ、作業は特別なことばかりではありません。むしろ目立たない地味な作業が主だったりします。栽培試験で良い結果を出すためには、この地味な作業が重要だったりしますので、気は抜けません。地味作業のひとつとして挙げられるのが水やりです。
“栽培試験”なので、条件を均一にすることが必要です。どこか条件がずれてしまいますと、試験の評価ができなくなってしまいます。土が持っている力を比較できるようにするために、コマツナの水分コンディションを均一にすることも重要です。

水やり何年という話ではありませんが、水やりは見ているよりも難しいです。慣れが必要ですね。同僚の向田は慣れた手つきでさっさと水やりをしていました。

日光圃場で育てているミニトマトは第1果房に実を付け始めました。これからどんどんと気温が上がっていく時季になりますので、皆さんもガーデニング作業をされるときは、こまめな水分補給を心がけましょう!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ