園芸を楽しむすべての人に

ジョウロの蓮口が見つからない時の水やりの方法のワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

日に日に気温が上がっていますが、みなさんの植物の調子はいかがでしょうか。
今回は培養土に植わっている植物の水やりの方法について、ワンポイントアドバイス。

水やりをするときはジョウロを使うかと思いますが、蓮口が無い!!!!

そんな時はないでしょうか。
蓮口を付けずに水やりをすると、水が勢い良く飛び出し、土をえぐってしまうことがあります。場合によっては根を痛めてしまうこともありますので、なるべく避けたいところです。
では、蓮口がない状態でのジョウロで、どのように水やりをすれば良いのか。おすすめしたいのは、水が出る部分を手で塞ぎ、水の勢いを弱めるようにすること。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像を指でタップしたままにしておくと、動画が流れます。

こんな風に、手で水の勢いを弱めて水やりをすれば、土をえぐる心配もありません。

どうしても蓮口が見つからない!でも水やりがしたい!という時にお試しください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント