園芸を楽しむすべての人に

トマトを誘引するときのワンポイントアドバイス

こんにちは。
研究開発部の保田です。

5月ももうすぐ終わります。皆さん、ガーデニングの調子はいかがでしょうか。今年のガーデニングでも栽培する野菜の人気上位にトマトが入ってきています。トマトを育てている方のトマト苗は、そろそろ大きくなってきた頃かと思います。大きく育ってきたトマト苗に支柱を立ててあげましょう。

支柱を立てることによって、次のようなメリットがあります。
1.トマトの果房(トマトの実が房状になっている状態のこと)を地面から離すことによって、病気にかかることを防ぐ。
2.茎や果房の付け根を折れにくくする。

今回の土ブログは土のお話ではなく、支柱への誘引の方法のワンポイントアドバイス。

当社東京本社のあるビルのベランダで、ミニトマトを栽培しています。葉も茎も大きくなってきたので、支柱を立ててビニル紐で誘引をしました。誘引もいろいろな方法があるかと思いますが、あらかじめ、支柱に紐を結わった後に八の字を作るようにすると、植物を傷つけること無く誘引することができるので、おすすめです。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像をタップしたままにしておくと、動画が流れます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント