園芸を楽しむすべての人に

Archive for 9月 2017

秋シーズンが旬の植物におすすめしたい培養土

こんにちは。
研究開発部の保田です。

東京地方は本格的な秋ガーデニングのシーズンがやってきましたね。暑すぎず、涼しすぎず、人間も植物も過ごしやすい気候です。

さて、そんな秋ガーデニングにおすすめしたい培養土をご紹介するのが今回の土ブログ。

今の季節に出ている植物の植え替えや植え付けに使えます。

ブルーベリーの土

果樹の定番、ブルーベリー。土の酸度が酸性に調整されているので、ブルーベリーをそのまま植え付けられます。
ブルーベリーの土の詳細はコチラから。

【商品紹介 その4】プロトリーフ ブルーベリーの土5L

いちごの土

かわいらしい果実をつけてくれるいちご。暑さと乾燥に弱いので、秋シーズンに植え付けるのがおすすめ。
いちごの土の詳細はコチラから。

【商品紹介 その32】プロトリーフ いちごの土5L

ハーブの土

お庭やベランダをおしゃれに演出してくれるハーブたち。食卓にも安心して並べていただけるよう、有機質の原材料でできたハーブ専用の培養土です。
ハーブの土の詳細はコチラから。

【商品紹介 その9】プロトリーフ ハーブの土2L

球根の土

秋に植えて春にキレイな花を咲かせてくれる球根植物におすすめしたい培養土です。
球根の土の詳細はコチラから。

【商品紹介 その11】プロトリーフ 球根の土5L


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その75】室内向け観葉・多肉の土、あとラク観葉・多肉の土

こんにちは。
研究開発部の保田です。

観葉植物と多肉植物の栽培に特化した、2種類の培養土が新商品として発売されます。
その名も「室内向け観葉・多肉の土」と、「あとラク観葉・多肉の土」。

●室内向け観葉・多肉の土の特長
たい肥を使わずに粒状の原料だけで作り上げた、観葉植物と多肉植物専用の培養土です。
たい肥を使わないことで虫がよりつきにくく、さらにカビやキノコも生えにくいので、室内栽培にもおすすめできます。
粒状の原料のみでできているので、鉢やプランターに注ぎ込みやすく、お掃除がラクラク。
すぐに効く肥料とゆっくり効く肥料の2種類の肥料を配合しているので、すぐに植え付けができ、植物の育成を効率よくサポートします。
売れ筋の鉢サイズ1個分の使い切りやすい容量だから、土が余りません。

●あとラク観葉・多肉の土の特長
植物性原料100%で作り上げた、観葉植物と多肉植物専用の培養土です。
元肥に菌根菌入り有機肥料を配合。植物の生育を助ける菌根菌は、観葉植物・多肉植物とも相性バツグンです!※品種によって異なる場合があります。
当社従来品と比較して約40%軽い※ので持ち運びがラク。※ココヤシ繊維を主原料としない培養土と比較
売れ筋の鉢サイズ1個分の使い切りやすい容量だから、土が余りません。

詳細は下記プレスリリースからご確認いただけます。

新商品「室内向け観葉・多肉の土」、「あとラク観葉・多肉の土」発売のお知らせ ー 当社オフィシャルサイトプレスリリース


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ