園芸を楽しむすべての人に
最近のコメント

2018年の家庭菜園はカゴメトマト苗とカゴメトマトの土で決まり!

こんにちは。 研究開発部の保田です。
皆さん、今年の家庭菜園の準備はお済みですか? トマトを含めた野菜の会社で有名なカゴメ株式会社様。弊社ではカゴメ株式会社様の家庭園芸用品種のトマト苗を取り扱っています。
今回の記事ではカゴメ株式会社様が持つ数多くの品種から選抜された自慢の品種をご紹介します!

カゴメトマト苗の品種について

KAGOME トマト苗 こあまちゃん




ミニトマト。房が長く、たくさん実がなります。甘さにこだわった、おいしいミニトマトです。

KAGOME トマト苗 手間のいらないトマト苗




中玉トマト。支柱もわき芽もいらないほったらかしで育てられる中玉トマトです。地植えに向いています。

KAGOME トマト苗 ぷるるん




ミニトマト。とにかく皮がうすくて、まるでさくらんぼのような新食感のトマトです。こどもや年配の方に特に好評です。

KAGOME トマト苗 β‐カロテン トマト




ミニトマト。β‐カロテンで鮮やかなオレンジ色になります。β‐カロテンはオレンジ色の色素で体の中に入ると必要に応じてビタミンAに変換されます。

KAGOME トマト苗 GABAリッチ トマト




ミニトマト。GABAが多くなる性質があります。GABAは天然アミノ酸の1つでストレス時代を生きる現代人に有用な成分として注目されています。

KAGOME トマト苗 高リコピン トマト




中玉トマト。リコピン量が高くなる遺伝子的性質があり真っ赤になります。リコピンは活性酸素を消去する赤い色素です。(※天候などの栽培環境の影響で左右されます。)

カゴメトマトの土

2年4シーズンの試験を経て開発された「KAGOMEかる~いトマトの土20L」と「KAGOMEそのまま育てるトマトの土15L」。カゴメトマト苗を育てるなら、この土がおすすめ! 主原料はココヤシピートとハスクチップです。これらを採用したことにより、軽くて楽に持ち運びができます。また、トマトの栽培が終わった後もそのまま燃えるゴミとして捨てることができます(※自治体によって異なりますのでご確認ください)。
すぐに効く肥料とゆっくり長く効く肥料をバランス良く配合することで追肥の必要が無く、水やりだけで5段目までトマトの収穫を楽しむことができます。 (※ミニトマトの場合です。中玉以上は市販の肥料のパッケージ記載内容に応じて適宜追肥をしてください。)
地球を掘らずに採取できるココヤシピートとハスクチップを主原料にすることにより、育ちだけではなく地球環境にやさしいことも大きな特長のひとつです。

気になるカゴメトマト苗、どこで売っているのかすぐに調べられます!

今年の家庭菜園はカゴメで決まり!でもどこで売っているのかがわからない。そんな方のために、取扱店舗検索システムを用意しています。



弊社オフィシャルサイトのトップページにある「KAGOME トマトの苗・土シリーズ 取扱店舗はこちら」のバナーをクリックすると、検索システムにアクセスすることができます。

カゴメトマトの苗・土シリーズ取扱店舗検索システムができました

土ブログでカゴメトマト苗、培養土各種の取扱店舗検索システムの使い方をご紹介しています。お住まいのお近くに取扱店舗があるかどうかを是非検索してみてください!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント