園芸を楽しむすべての人に
最近のコメント

Archive for 9月 2018

【商品紹介 その77】Petitシリーズ 観葉植物の土

こんにちは。
研究開発部の保田です。

Petitシリーズ 観葉植物の土は有機質を一切使っていない、観葉植物を育てるための培養土です。7号鉢ぴったりの容量なので、土が余ること無く植えつけをすることができます。※鉢の種類によって異なる場合があります。

「植物を室内に取り込みたいけど、虫が寄ってくるのが嫌。」

「土からカビやキノコが生えてくるなら、部屋に土を入れるのはちょっと…」

というようなお声をお客様からいただくことがあります。確かに、せっかく室内を緑でいっぱいにできたとしても、快適に育てられなければちょっと躊躇してしまいますよね。

そんな不安を抱いている方、安心してください。この培養土は有機質を一切使っていないので、カビやキノコが生えにくく虫が寄りにくく、お庭やベランダだけではなく、特にお部屋の中で育てる場合にもおすすめできます。

赤玉土の割合を多くしているので土に粘りがでて、フィカスやパキラなどの幹の太い品種の植えつけにぴったり。

Petitシリーズはドラッグストアにのみ卸している商品ですので、お近くのドラッグストアの園芸コーナーを覗いてみてください。店舗によっては専用の什器で展開されていますので、ぜひお手に取ってみてください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【2018年8月】土ブログアクセスランキング

こんにちは。
研究開発部の保田です。
2018年8月の土ブログのアクセスランキングを報告します。

期間:2018年8月1日~8月31日
対象:記事ページ
評価:ページビュー数

1位

ココヤシピートだけで植物が育つのか?


2位

【土の種類と特徴 その7】 桐生砂(きりゅうずな)


3位

【土の種類と特徴 その5】 真砂土(まさつち、まさど)


4位

もっとココヤシピートを知ってもらいたい!


5位

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。


6位

土の表面に白いモヤモヤしたものが現れたときにおすすめしたいメンテナンス方法


7位

【土の種類と特徴 その6】 川砂(かわずな)


8位

【土の種類と特徴 その8】 富士砂(ふじずな)


9位

2018年の家庭菜園はカゴメトマト苗とカゴメトマトの土で決まり!


10位

【商品紹介 その75】Petitシリーズ サボテン・多肉植物の土


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ