園芸を楽しむすべての人に
最近のコメント

市販の培養土が余ったらいつまでもつのか

こんにちは。
研究開発部の保田です。

今回は市販の培養土が余ったら、いつまでもつかについて記事を書きました。
余った培養土の保管方法も触れています。

市販の培養土が余ったらいつまでもつのか

市販されているほとんどの培養土のパッケージには、使用期限は明記されていません。
しかしながら使用期限が明記されてないからといって、いつまでも新鮮な状態が保たれるということではありません。
メーカーとしてはできるだけ、新鮮な状態の培養土を使用していただきたいと思っています。
保管環境によって異なるので断定はできませんが、適切に保管してある状態を条件として、一般的に購入してから1年以内※に使い切ることをおすすめします。
※一般的な話であり、弊社が保証するものではありません。

余った培養土の適切な保管方法

手持ちの鉢やプランターのサイズによっては培養土が余ることはあるもの。
培養土が余った場合の適切な保管方法をご紹介します。
開封した培養土は、袋をしっかりと閉じて直射日光や雨のあたらない風通しの良い場所に保管してください。未開封の培養土も同様です。
培養土のパッケージ袋には小さな孔が空いています。これは袋破れ防止のためと、培養土原料から出る水分を逃して調整するためのもの。
直射日光にあてると袋内に熱がこもって水蒸気で蒸れますし、雨にあてると孔から雨水が入り込み、べちゃべちゃな状態になってしまいます。

このようなリスクを回避にするためにも、できれば培養土は一度に使い切ることをおすすめします。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント