園芸を楽しむすべての人に

培養土は英語で何と言うか?

こんにちは。
研究開発部の保田です。

培養土の英語訳は様々ありますが、当社はgrowing mediaを使うようにしています。
単語の意味は、「growing = 育てるための」、「media = 媒体」です。
なぜ、土なのに媒体なのでしょうか。

なぜ培養土の英語訳がgrowing mediaなのか

インターネットで「培養土 英語」で検索すると英訳候補がたくさんヒットします。

インターネットで検索して出てきた英語訳候補の一例

  • culture soil
  • potting media
  • planting soil
  • planting mix

当社は培養土を”植物を育てるための媒体”として捉えています。
これは、今、私達が着ている服も植物を育てるための媒体になる可能性があるということです。

なんだか突拍子もないような話に聞こえますが、植物の根を支え、植物が育つための水分や栄養分を根に与えることができれば、どんな素材でも培養土になる可能性を秘めているということです。
当社はこれまで、ゴミとして捨てられるはずだった物を原料とした商品を開発し、販売を行ってきています。

電力会社や鉄鋼メーカーから排出される副産物を原料にした、花と野菜にイーノ!培養土

スペシャリティコーヒーチェーンで廃棄されていたコーヒー豆かすを原料とした、土のリサイクル材コーヒーの恵み

赤玉土やたい肥などといった旧来から使われてきた原料で作られた商品と同等の性能を持ちつつ、地球を掘削せずに得た原料で作った地球環境に優しい商品です。

growing media
植物を育てるための媒体

本当はゴミとして捨てられるはずだった物で、緑を育む、ちょっと不思議な体験をしてみませんか。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント