園芸を楽しむすべての人に

培養土と堆肥の違い

こんにちは。
研究開発部の保田です。

培養土と間違えやすいものに堆肥が挙げられます。
培養土と堆肥それぞれについての解説、それらの違いを説明します。

培養土と腐葉土の違い

培養土とは


土にはたくさんの種類があり、それらを原料と呼んでいます。それぞれの原料に特色があり、同じ原料でも産地が違うことで質が異なります。原料を植物に合わせてブレンドしたものを培養土と呼んでいます。

堆肥とは


樹木や家畜ふんを堆積し、微生物の力で分解してできたものの総称です。一般的に樹木由来の堆肥はバーク堆肥、家畜ふん由来の堆肥は牛ふん堆肥や豚ぷん堆肥として販売されています。
堆肥は土作りに使われることが多いもの。事前に土に混ぜて置くことで、植物が育ちやすくなる土壌改良効果が見込めます。また、一度使用した古い土に混ぜ合わせることで、土を再生させることもできます。
堆肥には「肥」の文字が入っていますが、肥料分としての効果はそこまで高くなく、どちらかというと、土をふかふかにさせる土壌改良効果の方が高いです。
鶏ふんも堆肥の一種ですが、牛ふん堆肥や豚ぷん堆肥とは異なり、速効性の肥料として使うことが多いです。

培養土と腐葉土は何が違うのか

培養土は植物に併せてブレンドしたもの。堆肥は土壌改良に使われる副資材。
商品によっては培養土にも堆肥が含まれていることもあります。育てる植物と使う資材を確認して、園芸・家庭菜園を楽しんでください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント