園芸を楽しむすべての人に
最近のコメント

Archive for 6月 2019

知っておきたい「トマト 誘引テクニック」

こんにちは。
研究開発部の保田です。

ゴールデンウィークころに植え付けたトマト苗は今頃、だいぶ大きくなっていると思います。自重で倒れないように支柱を立てるときに知っておきたい、誘引テクニックをご紹介します。

トマト栽培において支柱を立てるメリットはどのようなものでしょうか。

  • トマトの果房(トマトの実が房状になっている状態のこと)を地面から離すことによって、病気にかかることを防ぐ。
  • 茎や果房の付け根を折れにくくする。

茎を支柱に結びつけ、倒れないように健全に成長させるために誘引を行います。

支柱を立ててビニル紐で誘引した様子を動画にまとめました。誘引もいろいろな方法があるかと思いますが、あらかじめ、支柱に紐を結わった後に八の字を作るようにすると、植物を傷つけること無く誘引することができるので、おすすめです。


※PCの方は右上のLIVEにカーソル(矢印)を重ねると動画が流れます。スマートフォン(iPhone、Android)の方は画像をタップしたままにしておくと、動画が流れます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

知らないと損!今よりグッと育ちが良くなる培養土に共通するのは団粒構造だ

こんにちは。
研究開発部の保田です。

「団粒構造になっている培養土が植物にとって良い土なんだろうけど、団粒構造がそもそもわからない。」ということを良く聞きます。
植物の根がよく張り、植物にとって棲みやすい環境が団粒構造です。
2016年8月に投稿した土の構造に関する土ブログの記事を改めてご紹介します。

土ブログ2016年8月24日投稿 植物にとって良い土の構造を作り出しているのは誰? より

目の前の土を手に取ってみると、手にとった瞬間に崩れてしまうもの(1)や、力を加えた方向に崩れるもの(2)、そして簡単には崩れないもの(3)があります。
(1)と(2)のように土の粒子が単純に並んでいるものは単粒構造、(3)のように土の粒子が集まってできた粒は団粒構造と呼ばれています。
これを図示してみると、次の図のようになります(図の○は土の粒子を示します)。
土壌構造
土の粒の大きさは均等でないので、実際はもっとばらつきが生じますが、綺麗に表すとこのようになります。こう見ると、単粒構造よりも団粒構造の方が、粒と粒の間の隙間が大きいことがわかります。
この隙間は土の保水性・排水性・通気性が良く、かつ、植物の根が伸びやすい環境になりやすいので、植物にとって棲みやすい環境と言えます。いわゆる、「ふかふかな土」というのは団粒構造が発達している土のことを言います。
一方で単粒構造正列・斜列だと、土の保水性・排水性・通気性が悪く、土が硬くなる傾向にあるので、根が伸びにくくなってしまいます。単粒構造は植物にとって良い環境とは言い難いです。

団粒構造が植物にとって良いことはわかりましたが、この団粒構造は一体誰が作り出しているのでしょう。(※ここでは自然界にある土についてのお話です。)

実は団粒構造を作り出しているのは、土壌生物や植物の根なのです。土壌微生物が出す菌糸や、有機物を分解したときに出す粘着物質が土の粒を繋ぎ合わせて団粒構造を作り出しています。ミミズに代表される土壌動物を土の団粒化にひと役買っています。ミミズの”ふん”は有機物をふんだんに含んでいることから、土の粒よりも安定した粒子として団粒構造を支えているのです。
植物の根が伸びていくと、主根から側根、そして根毛が伸びてきます。この毛根が土の粒を繋ぎ合わせる役目をしていています。

団粒は過度な乾燥、湿潤によって崩れ、単粒化してしまいます。団粒の崩壊が進むと土の粒が小さくなり、隙間が減少して水や空気の入る量が少なくなってしまいます。このような状態では植物の生育にとって良い状況ではありません。

植物を上手に栽培するには土の団粒構造を作り出すことがとても大切なのです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

袋のまま栽培ができるおすすめ培養土3選

こんにちは。
研究開発部の保田です。

鉢やプランターを買わなくても、袋のまま栽培が楽しめる袋栽培は、根強い人気の栽培方法です。
大きな野菜用プランターを用意する必要がなく、ベランダなどで省スペースで栽培が楽しめます。
トマトをはじめとした野菜や、いちごといった果物、夏のグリーンカーテンも楽しめる、おすすめ培養土3選をご紹介します。

KAGOMEそのまま育てるトマトの土15L





※画像をクリックまたはタップすると、弊社通販サイトのプロトリーフオンラインショップにアクセスします。

「KAGOMEそのまま育てるトマトの土15L」はカゴメ株式会社と株式会社プロトリーフが共同開発した、簡単にトマトを栽培ができるトマト専門の培養土です。
主原料はココヤシピートとハスクチップです。これらを採用したことにより、軽くて楽に持ち運びができます。また、トマトの栽培が終わった後もそのまま燃えるゴミとして捨てることができます(※自治体によって異なりますのでご確認ください)。
そして、すぐに効く肥料とゆっくり長く効く肥料をバランス良く配合することで追肥の必要が無く、水やりだけで5段目までトマトの収穫を楽しむことができます。
地球を掘らずに採取できるココヤシピートとハスクチップを主原料にすることにより、育ちだけではなく地球環境にやさしいことも大きな特徴のひとつです。

KAGOMEそのまま育てる野菜の土15L





※画像をクリックまたはタップすると、弊社通販サイトのプロトリーフオンラインショップにアクセスします。

「KAGOMEそのまま育てる野菜の土15L」はカゴメ株式会社と株式会社プロトリーフが共同開発した、簡単に家庭園芸用の野菜苗を栽培するための培養土です。
主原料はココヤシピートとハスクチップです。これらを配合することで軽くて楽に持ち運びすることができます。また、野菜の栽培が終わった後もそのまま燃えるゴミとして捨てることができます(※自治体によって異なりますのでご確認ください)。
元肥としてすぐに効く肥料とゆっくり長く効く肥料をバランス良く配合しているので、そのまま野菜苗を植え付けることができます。いろいろな野菜苗を育てることができますが、野菜の種類によって適宜追肥をしてください。
地球を掘らずに採取できるココヤシピートとハスクチップを主原料にすることにより、育ちだけではなく地球環境にやさしいことも大きな特徴のひとつです。

ゴーヤDEゴーヤ20L





※画像をクリックまたはタップすると、弊社通販サイトのプロトリーフオンラインショップにアクセスします。

夏のシーズンに向けて、自宅にグリーンカーテンを作ってみませんか?「ゴーヤDEゴーヤ培養土20L」はパッケージに排水用の穴を開けて、そのままゴーヤの苗を植え付けて栽培することができます。
ベランダなどの狭いスペースで手間をかけずにゴーヤの栽培が楽しめます。
ゴーヤDEゴーヤ培養土20Lは2010年度のグッドデザイン賞を受賞しています。お子様にも楽しんでいただけるかわいらしいパッケージなので、親子でゴーヤ栽培を楽しんでみてはいかがでしょうか。
※ゴーヤDEゴーヤは燃えるゴミとして捨てることはできません。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【2019年5月】土ブログアクセスランキング

こんにちは。
研究開発部の保田です。
2019年5月の土ブログのアクセスランキングを報告します。

期間:2019年5月1日~5月31日
対象:記事ページ
評価:ページビュー数

1位

培養土と腐葉土の違い

2位

ココヤシピートだけで植物が育つのか?

3位

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。

4位

粒状かる~い培養土でポーチュラカウェルデルマニーのさし芽に成功してしまった。

5位

もっとココヤシピートを知ってもらいたい!

6位

【土の種類と特徴 その7】 桐生砂(きりゅうずな)

7位

カゴメトマトの土に追肥は必要か?

8位

学校では教えない培養土の作り方(培養土の知識)

9位

2019年の家庭菜園はカゴメトマト苗とカゴメトマトの土で決まり!

10位

土の表面に白いモヤモヤしたものが現れたときにおすすめしたいメンテナンス方法


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ