園芸を楽しむすべての人に

袋のまま栽培ができるおすすめ培養土3選

こんにちは。
研究開発部の保田です。

鉢やプランターを買わなくても、袋のまま栽培が楽しめる袋栽培は、根強い人気の栽培方法です。
大きな野菜用プランターを用意する必要がなく、ベランダなどで省スペースで栽培が楽しめます。
トマトをはじめとした野菜や、いちごといった果物、夏のグリーンカーテンも楽しめる、おすすめ培養土3選をご紹介します。

KAGOMEそのまま育てるトマトの土15L





※画像をクリックまたはタップすると、弊社通販サイトのプロトリーフオンラインショップにアクセスします。

「KAGOMEそのまま育てるトマトの土15L」はカゴメ株式会社と株式会社プロトリーフが共同開発した、簡単にトマトを栽培ができるトマト専門の培養土です。
主原料はココヤシピートとハスクチップです。これらを採用したことにより、軽くて楽に持ち運びができます。また、トマトの栽培が終わった後もそのまま燃えるゴミとして捨てることができます(※自治体によって異なりますのでご確認ください)。
そして、すぐに効く肥料とゆっくり長く効く肥料をバランス良く配合することで追肥の必要が無く、水やりだけで5段目までトマトの収穫を楽しむことができます。
地球を掘らずに採取できるココヤシピートとハスクチップを主原料にすることにより、育ちだけではなく地球環境にやさしいことも大きな特徴のひとつです。

KAGOMEそのまま育てる野菜の土15L





※画像をクリックまたはタップすると、弊社通販サイトのプロトリーフオンラインショップにアクセスします。

「KAGOMEそのまま育てる野菜の土15L」はカゴメ株式会社と株式会社プロトリーフが共同開発した、簡単に家庭園芸用の野菜苗を栽培するための培養土です。
主原料はココヤシピートとハスクチップです。これらを配合することで軽くて楽に持ち運びすることができます。また、野菜の栽培が終わった後もそのまま燃えるゴミとして捨てることができます(※自治体によって異なりますのでご確認ください)。
元肥としてすぐに効く肥料とゆっくり長く効く肥料をバランス良く配合しているので、そのまま野菜苗を植え付けることができます。いろいろな野菜苗を育てることができますが、野菜の種類によって適宜追肥をしてください。
地球を掘らずに採取できるココヤシピートとハスクチップを主原料にすることにより、育ちだけではなく地球環境にやさしいことも大きな特徴のひとつです。

ゴーヤDEゴーヤ20L





※画像をクリックまたはタップすると、弊社通販サイトのプロトリーフオンラインショップにアクセスします。

夏のシーズンに向けて、自宅にグリーンカーテンを作ってみませんか?「ゴーヤDEゴーヤ培養土20L」はパッケージに排水用の穴を開けて、そのままゴーヤの苗を植え付けて栽培することができます。
ベランダなどの狭いスペースで手間をかけずにゴーヤの栽培が楽しめます。
ゴーヤDEゴーヤ培養土20Lは2010年度のグッドデザイン賞を受賞しています。お子様にも楽しんでいただけるかわいらしいパッケージなので、親子でゴーヤ栽培を楽しんでみてはいかがでしょうか。
※ゴーヤDEゴーヤは燃えるゴミとして捨てることはできません。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント