園芸を楽しむすべての人に

土づくり現場レポート

東京・世田谷の二子玉川公園でコーヒー豆かすを使った堆肥づくりを行いました

こんにちは。
研究開発部の保田です。
image
東京・世田谷の二子玉川公園で、コーヒー豆かすを使った堆肥づくりを行いました。公園内に出店しているスペシャリティコーヒーチェーンの店舗から廃棄されたコーヒー豆かすと、公園内の落ち葉を使ったものです。弊社が世田谷で直営の園芸店を運営していることから、今回の堆肥づくりに協力をさせていただきました。11月26日に公園内ボランティア、スペシャリティコーヒーチェーン、世田谷区公園緑地課、弊社の関係者が、二子玉川公園に集まり、堆肥づくりを行いました。上の画像はコーヒー豆かすと公園内の落ち葉を重ね合わせた様子です。ここからどんどんと温度が上がり、微生物の力によって堆肥化されていきます。

コーヒー豆かすはそのまま培養土や畑の土に混ぜると、コーヒー豆に含まれる発芽抑制物質により、植物の種から芽が出にくくなる性質があります。ところがコーヒー豆かすを堆肥化させると発芽抑制物質の効果が無くなり、連作障害の原因であるセンチュウの忌避効果が認められています。

弊社にもコーヒー利豆かすを再利用した商品があります。それが「土のリサイクル材 コーヒーの恵み」(弊社オンラインショップにアクセスします)。主原料にコーヒー豆かすを使用した、新しい土のリサイクル材です。既存の土のリサイクル材は原料に畜糞堆肥が使われることが多いので、手が出しにくかったという方も多いかと思います。「土のリサイクル材 コーヒーの恵み」は主原料に、もみがら堆肥とコーヒー豆かす堆肥を使用しておりますので、畜糞堆肥特有の不快な臭いもありません。これまで廃棄処分されていたコーヒー豆かすを回収・再利用することから、ごみの排出抑制と資源活用に繋がり、環境負担を軽減することができます。

プロトリーフはこれからも環境にやさしい商品開発を続けてまいります。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ココヤシピートの調達でインドとスリランカに出張してきました。

こんにちは。研究開発課の保田です。
先日、弊社製品の原料に使用しているココヤシピートの調達でインドとスリランカに出張してきました。ココヤシピートの詳細についてはリンクにアクセスしてください。(弊社土ブログのココヤシピートの説明ページにアクセスします。)
IMG_5199
ココヤシピートは熱帯地域で栽培されているココヤシから取れます。画像はインドのココヤシを栽培しているプランテーションです。広大な敷地に無数のココヤシが植わっています。その風景はまるで森の様です。ココヤシ1本から年間約50個以上の実が収穫できます。ココヤシ1本の寿命は約60年で、伐採しない限り実を収穫し続けることができます。
1
ココヤシから収穫された実は画像のように山積みにし、機械で繊維とココヤシピートに分別します。
4
画像は分別したココヤシピートを堆積させるヤードです。ここでは降雨や地下水を利用してココヤシピートのEC(電気伝導率)を下げる作業を行います。植物の状態により適正な数値は変わりますが、EC(電気伝導率)の数値が極端に高いと植物の生育に影響がありますので、EC(電気伝導率)を下げる必要があります。EC(電気伝導率)の詳細についてはリンクにアクセスしてください。(弊社土ブログのEC(電気伝導率)の説明ページにアクセスします。)
5
堆積ヤードで充分にEC(電気伝導率)を下げ、充分に乾燥させた後は篩機にかけます。ココヤシピートは天然から取れるものですので、繊維などの異物が混入していることがあります。お客様にお届けする製品に異物を混入しないようにするために篩機にかけます。
8
篩機にかけられたココヤシピートは輸送しやすくするために、圧縮機にかけてブロック状に加工します。接着剤は一切使用せず、ココヤシピートの繊維が絡みあうことでブロック状になります。不思議ですね。
10
ブロック状に加工されたココヤシピートはパレットという荷台に乗せてまとめます。この状態で弊社の培養土製造工場に向けて輸出され、弊社の培養土の原料となります。
自然素材で地球を掘削せず取れる地球環境にやさしいココヤシピートは様々な工程を経て作られています。弊社担当者が現地を訪れ、ココヤシピート生産の品質確認を行っております。現地の製造工場の担当者とコミュニケーションを取り、品質の高い製品作りを行っております。
軽くそして使用後は燃やせるゴミとして捨てられる(※自治体によって異なります)ココヤシピートをご使用いただき、園芸を楽しんでいただければ幸いです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

栽培試験開始!

こんにちは。研究開発課の保田です。
5月の中旬になり、園芸シーズンのピークを迎えようとしています。
栽培試験にとっても一番適した気候になりますので、研究開発も忙しくなる時期です。
「栽培試験」という単語で堅いイメージを持たれるかもしれませんが、実際に植物を栽培して、その土の特性を見るという作業になります。
IMG_7773
DSC01067
栽培試験はコマツナを用いて行います。なぜコマツナかというと、コマツナは発芽阻害感受性が高い、言い換えると、環境ストレスにナイーブな品目なのです。ですから、培養土の環境を判断するには非常にわかりやすい、というわけです。
栽培試験は通年で行っている作業ですが、毎年春に全国のホームセンター様から培養土を調達し、当社既存アイテムと他社様のアイテムとの大規模な比較栽培試験を行います。これにより当社製品の品質を確認することができます。この栽培試験のデータの蓄積により、プロトリーフ製品の品質を支えているのです。
今回は、準備~植え付けまで今年の新入社員の4人にお手伝いいただきました。4人とも手際よく作業をしてくれて、スムーズに試験を開始することができました。
みんなありがとう!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

土のリサイクル材 コーヒーの恵み

今年の新商品を、これから何度かに渡りご紹介していきたいと思います。

「土のリサイクル材 コーヒーの恵み」

これは某コーヒーチェーン店から出たコーヒーかすを集め、たい肥化した商品です。

開発に4年半を要しました。

何が難しかったかといいますと、

①コーヒーをたい肥化したことによる利点を証明していくこと

②店舗から回収するという物流構築

(数百店舗から収集してたい肥工場へ運ぶ最適なルートを構築するのが非常に困難です)

 

①の利点に関しては、使い古した土に「コーヒーの恵み」を15%から20%を混合すると、土の空気孔隙率(土中に含まれる空気の割合)が改善し、古い土が甦ります。

そして「コーヒーの恵み」は、根腐れ等を引き起こすセンチュウを予防する効果が認められており、連作障害にも効果を発揮します。

私が個人的に気に入っているのはパッケージデザインです。

 

原材料はコーヒーかすともみがら(岡山県)です

コーヒーが入っているかのようなデザインで、お客様にご紹介すると必ず皆様匂いをかがれます。

残念ながら、コーヒーの匂いは一切せず、土の匂いしかしません。

当社の営業不足か、私の知る限りではどのお店にもあるという商品ではないかと思います。

気になる方がいらっしゃいましたら、是非「コーヒーの恵み」はないですか?と店頭で聞いてみてください。

取り寄せは全国のお店で可能です。

この商品は開発の初期から関わっている自信作です。

是非お試しください。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ココヤシピートだけで植物が育つのか?

今回は、ココヤシピートだけで植物が育つのか?ということで、栽培結果を写真でお知らせしようと思います。

ご紹介するのは野菜栽培の様子です。
使用したのは1kgのココヤシピートのブロックです。ブロックに水を約8リットル加えると、土の容量は約12リットルから15リットル程度に膨らみます。ここに微量要素(各種ミネラル分)と肥料を加えて野菜を育てました。

カブ、インゲン、トマト、ダイコンなど約20種類の野菜を種から育てました。

ミニトマト

ニンジン

カブ

インゲン

ダイコン

 

ココヤシピートは新時代の素材です。実際には20年前からあったものですが、私たちは今こそ用土として重要な素材であると考えています。

特徴の一つには、水をかけるとすぐに膨らむという点があります。これまでは1日経っても水を吸い込まないものも多くありました。今回当社でつくる製品は、大きなものでも約3分~5分程度でふくらみ、復元が可能となっています。

そして原材料は100%ココヤシ(スリランカ産)の実(使用するのは外殻)です。ココヤシは寿命が約60年で毎年たくさんの実を収穫することができ、生産管理をすることで永続的に素材を確保することができます。

また、通常の培養土は使った後に自治体の定めに従って廃棄処理することが必要ですが、この素材はココヤシなので燃やせるごみとして捨てられます。まさに良いことづくめの素材であると考えています。
プロトリーフのココヤシピート商品はこの春、シンプルな土としてだけでなく肥料入りのものや栽培セットなど、様々な用途に合わせて発売いたします。是非ご注目ください。
**********
このたび、土ブログに新しい担当が加わりました。私とは異なる角度で土のお話をする予定です。今後も引き続き土ブログをお楽しみくださるよう、よろしくお願いいたします。

 

 

プロトリーフはたくさんの園芸の画像が集まるサイト、engeisを運営しています。
植物を栽培することだけが園芸ではありません。engeisは画像を通して植物と触れ合うこともひとつの園芸の楽しみ方であると提案します。
engeisに植物の画像を投稿して、楽しんでみてください!

(こちらのバナーをクリックするとengeisのページにアクセスします。)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

新しい土素材レポート 於スリランカ

長らく投稿が出来ず、その間に土ブログを訪れて下さった皆様には心よりお詫び申し上げます。前回投稿の後、国内だけでなく海外長期出張も連続し、まさにあっという間に年末を迎えました。今回は海外出張のときに記した日記を投稿し、今年を締めくくりたいと思います。

 

* * * * *

12月5日付 「土ブログ」 於スリランカ

 

久しぶりのエントリーとなってしまい、大変申し訳ございません。

弊社の各種培養土における放射線量は現在も現場で継続的に計測をしており、問題のある数値は出ておりません。数値のご報告が遅れており、大変申し訳ないことですが、追って更新致します。現在、不安のある原材料を排除した培養土のレシピを再構築しています。

 

私は今、スリランカにおります。ココヤシから生まれた100%天然で野菜も花も育てられる用土素材を皆さまにご提供できるよう、写真のような処で品質の最終確認をしております。ココヤシ素材でつくった土をお届けすることには大きなメリットがあります。

 

この素材開発のポイントは、「水分」と「圧縮」です。普段皆さまがご使用になる通常の培養土は、約50%が水分です。つまり10トンを輸送をしたときに、5トンは水を運んでいることになります。

 

私たちはココヤシピートを天日で乾かし、水分を約20%に圧縮して輸送する流れを構築しました。水を運ぶために排出していたCO2コストを半分にすることで環境に貢献できるという事実は、誰にとってもとても大きなメリットだと思います。

 

スリランカではひとつひとつ手作業でココヤシを分類して、良質なココヤシピートをつくり上げています。品質面には特に慎重に、私は「植物がよく育つ土」ということを重視しながら製造工程確認を行いました。

 

昨年秋からは、プロトリーフの社員として日本人スタッフに現地で活動してもらっています。彼はシンハラ語がネイティブ同様で、現地でのコミュニケーションは非常に円滑です(今では日本語よりもシンハラ語の方が自然なくらいです?)。

 

スリランカ現地日本人スタッフと一緒に

スリランカ現地日本人スタッフと一緒に

 

さて、果たしてココヤシピートで植物が本当によく育つのか?という疑問に関して、次回から数回にわけてご報告したいと思います。

 

皆様、どうぞ良いお年を。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

計測値とNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーター

計測値のご報告を含め更新が滞ってしまい、このブログをご覧くださっている皆様には大変なご迷惑をおかけしております。

9月20日、家庭園芸肥料用土協議会主催による農林水産省担当官を交えての講習会に参加しました。活発な質問がなされた中で、この度の放射性物質の飛散による影響を甚大に受けた17都県のメーカーは、現状は大きな打撃を受けておりますが、これを機に強くなれるのではという希望的感触を得ました。

9月21日には大型の台風が日本を直撃。全国的に多くの被害があり、東京本社においても15時退社としました。身の危険を感じるほどの風が吹き荒れ、建設中の建物の骨組みが崩れるなどの被害が多々見受けられました。下記は本社前の様子です。数トンはあると思われる自動販売機が倒れました。木も倒れました。電車も止まり、歩行者が多数路上を歩く様子は、3月11日を思い起こさせるような雰囲気でした。

 

9月6日より、表題にあるNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーターを使って計測を始めました。これは農林水産省指定の、待ちに待っていた計器です。到着後から直ぐに計測を続けておりますが、100ベクレル、50ベクレルという単位は計測をするのにとても時間がかかります。1検体の計測に、約1時間かかります。一方、セシウム含有の多い検体(計測調査用に入手したもので、商品ではございません)を計測すると、数分で計測が可能でした(結果は25000ベクレル/1kg)。

当社の商品について、現状では400ベクレル/1kg以上になるものはありません。50ベクレル/1kgから200ベクレル/1kg程度の誤差で計測値が出ています。この計測に先立って、すべての商品を外部機関で計測していましたが、外部機関が用いるゲルマニウム半導体検出機よりもNAI(TI)シンチレーションスペクトロメーターの方が若干数値が高めに出ています。これを差し引いても当社の商品はいずれも400ベクレル/1kg以上にはなっておりませんので、安心してご使用いただけるものと考えています。計測にはこれまでより少し時間は掛かってしまいますが、定期的な数値報告を心がけ、当たり前ながら暫定基準値を絶対に超えない管理をしてまいります。

 

余談ですが放射能リスクに関する紙面などを見ると、喫煙リスクを1.6とした場合、500ベクレル/1kgに汚染されたものを毎日食べたときのリスクは1.01程度ということです。また、喫煙をしなくても、副流煙の方がリスクが高いとのことです。つまり隣でタバコを吸っている人がいた場合は、毎日500ベクレル/1kg程度汚染されたものを食べるよりも気をつける必要があることになります。

今回の問題で日々放射性物質のリスクについて考える中で、その他のリスクにはどのようなものがあるか、例えば土に含まれる放射性物質以外にどのようなリスクがあり得るか、生々しく考えるようになりました。本当の土の安全とはどういうことか。放射性物質の問題はもちろんのことですが、土の安全性について広い目で見ながら掘り下げていきたいと考えています。喫緊の課題としては放射性物質の植物への移行係数調査、情報取得、被災地への「土」に関する支援です。これからも引き続き真正面から取り組んでいきます。

 

現在は、来年の秋にデビューする商品の試験や開発がピークを迎えて、皆忙しく過ごしております。来年の春、皆様に安心安全を当たり前のこととしながら、園芸の奥深さや植物の奥深さを表現できるような商品をご提供いたします。どうぞご期待下さい。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

放射線量の測定値情報

8月19日の放射線量を公表いたします。

 

※補足:下記の商品リストは「PROTOLEAF(プロトリーフ)ブランド」です。
カーマホームセンター、ダイキホームセンター、ホーマックホームセンター、くろがねやホームセンターでお取り扱いしております「CASA GRAINE(カーサグレイン)ブランド」の商品とは原材料が異なります。パッケージに「CASA GRAINE(カーサグレイン)」と表示されている商品をお使いの方は、弊社まで直接お問合わせください。

※使用計測器
ドイツ製
Coliy technology gmbH 社 (http://coliy.jp/)
放射線測定器・900シリーズ
New radiation scanner Model 900
測定範囲:0.01~1500μSv/hr
(http://www.coliy.com/download/radiation%20scanner%20900%20manual.pdf)

(単位はμSv/h マイクロシーベルト毎時)

商品名 製造地 7月27日 7月28日 8月2日 8月5日 8月9日 8月19日
測定地 ガーデンアイランド(東京) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木)
元気の素 栃木県鹿沼市 0.08/0.12 0.09 0.09 0.08 0.08 0.08
花と野菜の有機培養土 栃木県鹿沼市 0.05/0.09 0.10 0.08 0.06 0.06 0.04
ハーブの土 栃木県鹿沼市 0.09/0.11 0.10 0.08 0.08 0.07 0.06
バラの土 栃木県鹿沼市 0.08/0.11 0.13 0.09 0.08 0.08 0.06
ミニバラの土 栃木県鹿沼市 0.09 0.11 0.08 0.08 0.06 0.06
観葉植物の土 栃木県鹿沼市 0.02/0.04 0.15 0.08 0.06 0.07 0.08
ハンギングの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.09 0.05 0.06 0.05
サボテン・多肉植物の土 栃木県鹿沼市 0.06/0.08 0.16 0.05 0.04 0.05 0.06
洋ランの土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09 0.09 0.05 0.06 0.07
さし芽・種まきの土 栃木県鹿沼市 0.03/0..11 0.12 0.09 0.06 0.07 0.05
クンシランの土 栃木県鹿沼市 0.02 0.10 0.09 0.05 0.06 0.06
パンジーの土 栃木県鹿沼市 0.13 0.08 0.08 0.06 0.08
ブルーベリーの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.08 0.06 0.04
ブリエッタの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.04 0.05
すてられる土 栃木県鹿沼市 0.04 0.10 0.06 0.08 0.06 0.06
すてられる野菜の土 栃木県鹿沼市 0.10 0.06 0.05 0.06 0.04
山野草の土 栃木県鹿沼市 0.09/0.11 0.11 0.06 0.04 0.05 0.06
シャコバサボテンの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.05 0.04 0.08 0.06 0.04
観音竹・棕櫚竹の土 栃木県鹿沼市 0.12 0.13 0.09 0.05 0.06 0.05
サンスベリア・金のなる木アロエの土 栃木県鹿沼市 0.12 0.05 0.09 0.07 0.06
ガーデンシクラメンの土 栃木県鹿沼市 0.10 0.09 0.08 0.08 0.07
球根の土 栃木県鹿沼市 0.09 0.09 0.05 0.05 0.04
いちごの土 栃木県鹿沼市 0.12 0.08 0.06 0.06 0.05
洋ランバーク 栃木県鹿沼市 0.09 0.06 0.06 0.06 0.04 0.05
洋ラン杉皮 栃木県鹿沼市 0.11 0.10 0.09 0.05 0.05 0.06
クレマチスの土 栃木県鹿沼市 0.12 0.08 0.06 0.06 0.04
チューリップの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.09 0.05 0.06 0.05
花専用培養土『開花前線』 栃木県鹿沼市 0.09 0.06 0.08 0.06 0.07
野菜専用培養土『野菜豊作』 栃木県鹿沼市 0.05 0.07 0.06 0.05 0.06
サフィニアの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.05 0.09 0.07 0.06
フィエスタの土 栃木県鹿沼市 0.09 0.06 0.09 0.06 0.06
京成バラ園の土 栃木県鹿沼市 0.05/0.08 0.12 0.08 0.08 0.06 0.06
バラのたい肥 栃木県鹿沼市 0.06/0.08 0.15 0.08 0.06 0.07 0.04
ミリオンベルの土 栃木県鹿沼市 0.10 0.06 0.08 0.08 0.06
コリウスの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.08 0.05 0.04 0.05
睡蓮の土 栃木県鹿沼市 0.08/0.09 0.08 0.08 0.05 0.05 0.05
ユリ・カサブランカの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.06 0.08 0.07 0.04
菊の土 栃木県鹿沼市 0.15 0.06 0.09 0.07 0.06
プランターリサイクル材 栃木県鹿沼市 0.05 0.08 0.08 0.08 0.06
クリスマスローズの土 栃木県鹿沼市 0.05 0.05 0.04 0.05 0.05
青アジサイの土 栃木県鹿沼市 0.13 0.05 0.08 0.06 0.05
赤アジサイの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.06 0.08 0.08 0.06
果樹・花木の土 栃木県鹿沼市 0.06 0.15 0.06 0.05 0.06 0.04
かる~い培養土 栃木県鹿沼市 0.12/0.13 0.10 0.08 0.06 0.06 0.06
バイオオルガ 栃木県鹿沼市 0.12 0.09 0.08 0.06 0.05
本気野菜の土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09 0.06 0.06 0.04
家庭菜園の土 栃木県鹿沼市 0.11 0.04 0.06 0.06 0.05
家庭菜園のたい肥 栃木県鹿沼市 0.03 0.09 0.09 0.08 0.07 0.06
グリーンカーテンのたい肥 栃木県鹿沼市 0.07 0.08 0.05 0.05 0.04
花壇のたい肥 栃木県鹿沼市 0.13 0.08 0.09 0.06 0.05 0.06
古い土の再生材 栃木県鹿沼市 0.05 0.16 0.08 0.08 0.05 0.05
ローズソイル 栃木県鹿沼市 0.12 0.06 0.06 0.06 0.06 0.04
袋のまま育てられる野菜の土 栃木県鹿沼市 0.10 0.06 0.05 0.05 0.05
トマトにとまと 培養土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09 0.06 0.05 0.06
ゴーヤdeゴーヤ 培養土 栃木県鹿沼市 0.10 0.04 0.08 0.07 0.06
イチゴはいちご 培養土 栃木県鹿沼市 0.05 0.06 0.06 0.06 0.06
ジャガInじゃが 培養土 栃木県鹿沼市 0.08 0.08 0.06 0.06 0.04
ナスは茄子 培養土 栃木県鹿沼市 0.12 0.06 0.08 0.06 0.07
キュウリだ!きゅうり 培養土 栃木県鹿沼市 0.12 0.06 0.05 0.04 0.06
ピーマンかシシトウ 培養土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.08 0.06
プチポタジェ バジル 栃木県鹿沼市 0.09 0.10 0.08 0.08 0.07 0.07
プチポタジェ コリアンダー 栃木県鹿沼市 0.10 0.09 0.06 0.06 0.06
プチポタジェ パセリ 栃木県鹿沼市 0.09 0.10 0.08 0.06 0.06 0.05
プチポタジェ ルッコラ 栃木県鹿沼市 0.06 0.10 0.09 0.06 0.06 0.07
プチポタジェ ベビーキャロット 栃木県鹿沼市 0.08 0.10 0.06 0.05 0.06 0.05
プチポタジェ キャッツグラス 栃木県鹿沼市 0.06 0.10 0.08 0.05 0.05 0.05
花野菜用かる~い培養土 栃木県鹿沼市 0.04/0.09 0.10 0.05 0.08 0.06 0.06
プランター・花壇の土(関東限定) 栃木県鹿沼市 0.11 0.08 0.08 0.06 0.05
プレミアム有機培養土 栃木県鹿沼市 0.10 0.05 0.08 0.06 0.06
ブルーベリーピートモス 栃木県鹿沼市 0.09 0.08 0.06 0.04 0.06
かる~い鉢底石 栃木県鹿沼市 0.06/0.09 0.10 0.09 0.08 0.05 0.05
鉢底石 栃木県鹿沼市 0.06/0.12 0.08 0.05 0.08 0.06 0.07
赤玉土 栃木県鹿沼市 0.08 0.03 0.04 0.05 0.06
硬質赤玉土 栃木県鹿沼市 0.04/0.09 0.08 0.09 0.08 0.06 0.06
鹿沼土 栃木県鹿沼市 0.05 0.06 0.08 0.06 0.05
硬質鹿沼土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.06 0.06
黒土 栃木県鹿沼市 0.11 0.08 0.06 0.08 0.07
腐葉土 栃木県鹿沼市 0.13 0.06 0.08 0.06 0.05
バークチップ 栃木県鹿沼市 0.04/0.12 0.06 0.08 0.06 0.06 0.06

 

お盆中に数値公表をお休みしてしまいまして、申し訳ありませんでした。
原料のみならず、下記アイテムつきましては外部機関に調査を依頼し、以下のとおり全て暫定許容値の400ベクレル以下でありましたので、出荷を再開いたしました。

 

日本環境調査研究所によるゲルマニウム半導体測定器使った検査結果(検査日は8月6日及び13日、単位はベクレル/kg)

試 科 名 放射性ヨウ素 放射性セシウム 検査機関
I-131(bq/kg) Cs-137(bq/kg) Cs-134(bq/kg) セシウム合計
プロト 腐葉土 未検出 69±14 82±13 151Bq/㎏±27 日本環境調査研究所
プロト 牛ふん 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
バラの土 未検出 46±10 40±8 86Bq/㎏±18 日本環境調査研究所
観葉植物の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
サボテン・多肉植物の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
クンシランの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
ブルーベリーの土 未検出 未検出 34±9 34Bq/㎏±9 日本環境調査研究所
山野草の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
シャコバサボテンの土 未検出 69±15 33±10 102Bq/㎏±25 日本環境調査研究所
サンスベリア・金のなる木アロエの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
花と野菜の有機培養土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
球根の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
いちごの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
ハーブの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
バラのたい肥 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
プロト観音竹・棕櫚竹の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
菊の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
クリスマスローズの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
家庭菜園の土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
古い土の再生材 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
ミニバラの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
プロト京成バラの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
プロトクレマチスの土 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
ジャガINじゃが 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
観葉植物の土 未検出 26±6 38±10 64Bq/㎏±16 日本環境調査研究所
アロエ・金のなる木 未検出 64±14 31±9 95Bq/㎏±23 日本環境調査研究所
サボテン・多肉植物 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
シャコバサボテン 未検出 110±20 100±20 210Bq/㎏±40 日本環境調査研究所
サンセベリア 未検出 61±14 56±13 117Bq/㎏±27 日本環境調査研究所
花と野菜の有機培養土 未検出 42±10 32±10 74Bq/㎏±20 日本環境調査研究所
カーサ たい肥 未検出 140±20 140±20 280bkg±40 日本環境調査研究所

 

 

その後、培土に関する農林水産省の正式発表を待って2週間、まだ新しい情報は出ていない状況です。

 

自社で行う検査を含めて、現在のところ400ベクレルを超えるものは出ておりません。しかしながら計測は継続する必要があり、重要な作業だと考えています。

 

この度の原発事故と放射性物質の飛散に伴い、当社だけではない多くの企業が予想もしなかった困難に向き合うこととなりました。この困難を、土に関するあらゆることを一から考えるための機会と捉え、改めて、東京にある培養土メーカーとしての役割・意義は何か?ということをきちんと考え続ける必要があると思っています。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

公的機関による放射線量計測結果と昨日の商品・原料別数値リスト

先日、簡易的な計測(ベクレル/kg)を公表いたしました。その時の数値はあくまでも簡易的な測定器によるものなので、その後第三者機関(日本環境調査研究所)でのゲルマニウム半導体測定器使った検査を依頼しました。その結果が届きましたので、公表いたします。まずは原材料、その次に商品別で検査を行い、結果が届く予定です。

今回は、原料についての検査結果を皆様にお知らせいたします。

試 科 名 放射性ヨウ素 放射性セシウム 検査機関
黒土 I-131(bq/kg) Cs-137(bq/kg) Cs-134(bq/kg) セシウム合計 日本環境調査研究所
ピートモス 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
ココヤシピート 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
バーク堆肥 未検出 140±20 140±20 280bq/kg±40 日本環境調査研究所
腐葉土 未検出 69±14 82±13 151bq/kg±27 日本環境調査研究所
杉皮 未検出 70±11 79±11 149bq/kg±22 日本環境調査研究所
もみがら堆肥 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
牛ふん 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
パーライト 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
くん炭 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
花野菜用かる~い培養土(鹿沼産) 未検出 未検出 未検出 未検出 日本環境調査研究所
赤玉土 未検出 未検出 未検出 未検出 ㈱化研
鹿沼土 未検出 未検出 未検出 未検出 ㈱化研

 

これらの原料を混ぜ合わせて製造するので、理論上は400ベクレルを超えることはないと考えています。農林水産省の見解では、正式には製品ごとの数値で判断するものとなっていますが、全ての商品を検査することが非常に困難なので、おおもとの原料を計測することが現実的と判断しました。

例えばバーク堆肥が約30%混合されている商品「花野菜用かる~い培養土」については検出されませんでした。(正確にはセシウム134が28ベクレル未満、セシウム137が33ベクレル以下)

下限値が28、33と異なるのは、バックグランド値(測定環境中に自然に存在する放射線量。)がその計測時の天候条件等によって異なるからです。

 

追記:昨日計測済みのμSv/h(マイクロシーベルト毎時)数値リストも掲載いたします。

※補足:下記の商品リストは「PROTOLEAF(プロトリーフ)ブランド」です。

カーマホームセンター、ダイキホームセンター、ホーマックホームセンター、くろがねやホームセンターでお取り扱いしております「CASA GRAINE(カーサグレイン)ブランド」の商品とは原材料が異なります。パッケージに「CASA GRAINE(カーサグレイン)」と表示されている商品をお使いの方は、弊社まで直接お問合わせください。

※使用計測器

ドイツ製
Coliy technology gmbH 社 (http://coliy.jp/)
放射線測定器・900シリーズ
New radiation scanner Model 900
測定範囲:0.01~1500μSv/hr
(http://www.coliy.com/download/radiation%20scanner%20900%20manual.pdf)

(単位はμSv/h マイクロシーベルト毎時)

商品名 製造地 7月27日 7月28日 8月2日 8月5日 8月9日
測定地 ガーデンアイランド(東京) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木) 鹿沼(栃木)
元気の素 栃木県鹿沼市 0.08/0.12 0.09 0.09 0.08 0.08
花と野菜の有機培養土 栃木県鹿沼市 0.05/0.09 0.10 0.08 0.06 0.06
ハーブの土 栃木県鹿沼市 0.09/0.11 0.10 0.08 0.08 0.07
バラの土 栃木県鹿沼市 0.08/0.11 0.13 0.09 0.08 0.08
ミニバラの土 栃木県鹿沼市 0.09 0.11 0.08 0.08 0.06
観葉植物の土 栃木県鹿沼市 0.02/0.04 0.15 0.08 0.06 0.07
ハンギングの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.09 0.05 0.06
サボテン・多肉植物の土 栃木県鹿沼市 0.06/0.08 0.16 0.05 0.04 0.05
洋ランの土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09 0.09 0.05 0.06
さし芽・種まきの土 栃木県鹿沼市 0.03/0..11 0.12 0.09 0.06 0.07
クンシランの土 栃木県鹿沼市 0.02 0.10 0.09 0.05 0.06
パンジーの土 栃木県鹿沼市 0.13 0.08 0.08 0.06
ブルーベリーの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.08 0.06
ブリエッタの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.04
すてられる土 栃木県鹿沼市 0.04 0.10 0.06 0.08 0.06
すてられる野菜の土 栃木県鹿沼市 0.10 0.06 0.05 0.06
山野草の土 栃木県鹿沼市 0.09/0.11 0.11 0.06 0.04 0.05
シャコバサボテンの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.05 0.04 0.08 0.06
観音竹・棕櫚竹の土 栃木県鹿沼市 0.12 0.13 0.09 0.05 0.06
サンスベリア・金のなる木アロエの土 栃木県鹿沼市 0.12 0.05 0.09 0.07
ガーデンシクラメンの土 栃木県鹿沼市 0.10 0.09 0.08 0.08
球根の土 栃木県鹿沼市 0.09 0.09 0.05 0.05
いちごの土 栃木県鹿沼市 0.12 0.08 0.06 0.06
洋ランバーク 栃木県鹿沼市 0.09 0.06 0.06 0.06 0.04
洋ラン杉皮 栃木県鹿沼市 0.11 0.10 0.09 0.05 0.05
クレマチスの土 栃木県鹿沼市 0.12 0.08 0.06 0.06
チューリップの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.09 0.05 0.06
花専用培養土『開花前線』 栃木県鹿沼市 0.09 0.06 0.08 0.06
野菜専用培養土『野菜豊作』 栃木県鹿沼市 0.05 0.07 0.06 0.05
サフィニアの土 栃木県鹿沼市 0.06 0.05 0.09 0.07
フィエスタの土 栃木県鹿沼市 0.09 0.06 0.09 0.06
京成バラ園の土 栃木県鹿沼市 0.05/0.08 0.12 0.08 0.08 0.06
バラのたい肥 栃木県鹿沼市 0.06/0.08 0.15 0.08 0.06 0.07
ミリオンベルの土 栃木県鹿沼市 0.10 0.06 0.08 0.08
コリウスの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.08 0.05 0.04
睡蓮の土 栃木県鹿沼市 0.08/0.09 0.08 0.08 0.05 0.05
ユリ・カサブランカの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.06 0.08 0.07
菊の土 栃木県鹿沼市 0.15 0.06 0.09 0.07
プランターリサイクル材 栃木県鹿沼市 0.05 0.08 0.08 0.08
クリスマスローズの土 栃木県鹿沼市 0.05 0.05 0.04 0.05
青アジサイの土 栃木県鹿沼市 0.13 0.05 0.08 0.06
赤アジサイの土 栃木県鹿沼市 0.08 0.06 0.08 0.08
果樹・花木の土 栃木県鹿沼市 0.06 0.15 0.06 0.05 0.06
かる~い培養土 栃木県鹿沼市 0.12/0.13 0.10 0.08 0.06 0.06
バイオオルガ 栃木県鹿沼市 0.12 0.09 0.08 0.06
本気野菜の土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09 0.06 0.06
家庭菜園の土 栃木県鹿沼市 0.11 0.04 0.06 0.06
家庭菜園のたい肥 栃木県鹿沼市 0.03 0.09 0.09 0.08 0.07
グリーンカーテンのたい肥 栃木県鹿沼市 0.07 0.08 0.05 0.05
花壇のたい肥 栃木県鹿沼市 0.13 0.08 0.09 0.06 0.05
古い土の再生材 栃木県鹿沼市 0.05 0.16 0.08 0.08 0.05
ローズソイル 栃木県鹿沼市 0.12 0.06 0.06 0.06 0.06
袋のまま育てられる野菜の土 栃木県鹿沼市 0.10 0.06 0.05 0.05
トマトにとまと 培養土 栃木県鹿沼市 0.11 0.09 0.06 0.05
ゴーヤdeゴーヤ 培養土 栃木県鹿沼市 0.10 0.04 0.08 0.07
イチゴはいちご 培養土 栃木県鹿沼市 0.05 0.06 0.06 0.06
ジャガInじゃが 培養土 栃木県鹿沼市 0.08 0.08 0.06 0.06
ナスは茄子 培養土 栃木県鹿沼市 0.12 0.06 0.08 0.06
キュウリだ!きゅうり 培養土 栃木県鹿沼市 0.12 0.06 0.05 0.04
ピーマンかシシトウ 培養土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.08
プチポタジェ バジル 栃木県鹿沼市 0.09 0.10 0.08 0.08 0.07
プチポタジェ コリアンダー 栃木県鹿沼市 0.10 0.09 0.06 0.06
プチポタジェ パセリ 栃木県鹿沼市 0.09 0.10 0.08 0.06 0.06
プチポタジェ ルッコラ 栃木県鹿沼市 0.06 0.10 0.09 0.06 0.06
プチポタジェ ベビーキャロット 栃木県鹿沼市 0.08 0.10 0.06 0.05 0.06
プチポタジェ キャッツグラス 栃木県鹿沼市 0.06 0.10 0.08 0.05 0.05
花野菜用かる~い培養土 栃木県鹿沼市 0.04/0.09 0.10 0.05 0.08 0.06
プランター・花壇の土(関東限定) 栃木県鹿沼市 0.11 0.08 0.08 0.06
プレミアム有機培養土 栃木県鹿沼市 0.10 0.05 0.08 0.06
ブルーベリーピートモス 栃木県鹿沼市 0.09 0.08 0.06 0.04
かる~い鉢底石 栃木県鹿沼市 0.06/0.09 0.10 0.09 0.08 0.05
鉢底石 栃木県鹿沼市 0.06/0.12 0.08 0.05 0.08 0.06
赤玉土 栃木県鹿沼市 0.08 0.03 0.04 0.05
硬質赤玉土 栃木県鹿沼市 0.04/0.09 0.08 0.09 0.08 0.06
鹿沼土 栃木県鹿沼市 0.05 0.06 0.08 0.06
硬質鹿沼土 栃木県鹿沼市 0.06 0.08 0.06 0.06
黒土 栃木県鹿沼市 0.11 0.08 0.06 0.08
腐葉土 栃木県鹿沼市 0.13 0.06 0.08 0.06
バークチップ 栃木県鹿沼市 0.04/0.12 0.06 0.08 0.06 0.06

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ベクレル単位での数値計測

一昨日は、農林資産省からの暫定許容値の発表(8月1日付・8月2日公表)を受け、栃木県で製造を行っている商品の出荷を自粛いたしました。私どもの培養土・たい肥については、既にブログでもご紹介している通り、定期的に放射線量を計測しておりましたので心配はないと考えていますが、農林水産省から発表された暫定許容値の最大の値・400ベクレル/kgを下回ることを確認し、条件を満たすものを出荷致します。

 

昨日の夕方、ベクレル単位を測れる機器が2台、届きました。ロシア製のcombined instrument PKC-107 という機種です。

ベクレル単位での計測(モニターの右下にBq/g×10という単位が見えます)

 

まず、指定された容器に精製水を入れて計測します。これは検査対象物(今回の場合は土です)を調べるときの基本数値となります。

1回の測定に4分掛かります(4分経つとピピッとアラームがなります)。測定は最低5回繰り返し行います。

精製水を計測後、今度は土の測定をします。こちらも同様に1回4分の測定を、最低5回繰り返します。

土を入れた計測用の容器

 

<土の計測値(5回)の平均値-精製水の計測値(5回)の平均値>×10000倍で、ベクレル/kgを算出できます。

計測値を記録する

 

先ほど測定した商品のうち一例をご紹介しますと、例えば、栃木県で製造している「花野菜用かる~い培養土25L」を計測した結果は40ベクレル /kgという数値でした。ちなみにこの培養土は0.05μSv/hマイクロシーベルト毎時(8月2日計測;当日のブログに公表しております)です。

 

本日から、入手した2台の計器でできる限りの測定を行い、なるべくお待たせせずに数値を発表できればと思っています。もちろん、引き続き原材料単体でも計測をしてまいります。

 

私たちは製造メーカーである前に、生活者です。私たちが信じられるものこそを、自信をもってお届けしたいと思っています。今後も安全と安心を私たち自身が真剣に考えながら土と向き合い、答えを追求していく決意です。

何かございましたらこのブログへ投稿、またはメールやお電話でお問合わせください。皆さまからのご意見を戴ければ有り難いです。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ