園芸を楽しむすべての人に

培養土の作り方

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。

こんにちは。
研究開発部の保田です。

突然ですが、培養土を手作りしてみませんか?

ホームセンターや園芸店で販売されている培養土は幅広い植物に対応でき、誰でも使いやすい配合設計になっていることが多いです。
「保水性良い」、「排水性が良い」など、パッケージには様々なキーワードが散りばめられています。ここが難しいところで、人によって水やりのタイミングも違ってくるところが本当のところかと思います。

自分にぴったりな培養土に出会えればそれはとても幸せなことです。
ですが、なかなかそういう訳にもいかないのが実情でしょう。

今回みなさんにお伝えしたいのはひとつ、「培養土を手混ぜして使ってみませんか?」
言うなれば手混ぜ培養土のススメです。

培養土を手混ぜして作るなんて難しいんじゃないの?なんて声が聞こえてきそうですが、コツを掴めばそんなことはありません。
手混ぜ培養土のメリットのひとつは余分な土が余らないという事が挙げられます。使いたい時に使いたい分だけ用意することができます。
市販の培養土を購入しても使いきれずに余ってしまい、余った土はどうしようといったこともありません。

培養土の手混ぜのコツ


培養土は複数の原料を組み合わせて混ぜ合わせることで作られることが一般的です。
ですが、あれやこれやと原料を混ぜ合わせて具だくさんにすればよいということではありません。
植物を育てている環境や、自分の育て方を考えて原料を選んでいけば良いのです。

園芸培養土の黄金率

諸説ありますが、園芸培養土の黄金率と言われている「赤玉土7:腐葉土3」というものがあります。ここに酸度調整のための苦土石灰や、元肥を混ぜ合わせるだけで、基本培養土のできあがりです。大抵の園芸用草花や野菜苗はこの培養土で育てることができます。

「赤玉土7:腐葉土3」をベースにして、植物を育てている環境によって配合を変えてみるのも工夫です。
例えば、風通しの良くない場所で栽培するなら、「赤玉土7:腐葉土3」に軽石やボラ土といったゴロゴロとした原料を混ぜ合わせて、土の通気性と排水性を高めてあげます。そうすることで水やりと同時に土の中に空気を送り込みやすくなるので、根に酸素が行き渡りやすくなります。

「赤玉土7:腐葉土3」にとらわれず、自分の育て方にあわせてアレンジしてみるもの面白いですよ。
室内で植物を育てたいという方もいると思います。その場合は腐葉土や堆肥といった有機質原料は使わずに、赤玉土やバーミキュライト、軽石といった火山灰土や鉱物系の原料を選ぶことをおすすめします。
有機質原料が無いので、コバエやカビが寄りにくく、生えにくい土を作ることができます。

培養土を混ぜるときの注意点

培養土を混ぜる時は微塵をできるだけ取り除きます。”ふるい”を使うのが良いでしょう。微塵を取らずにそのままにしておくと目詰まりを起こすことがありますので、できるだけ取り除きます。

移植ごてなどで原料を混ぜ合わせると原料が潰れてしまう原因になりますので、手袋をして手で混ぜることをおすすめします。手で土を触ると結構気持ちいいですよ。

もし手混ぜして作った培養土が余った場合は、ビニール袋に詰めて封をし、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管してください。

手混ぜ培養土のススメ

手混ぜ培養土のススメ。いかがでしたでしょうか。
植物に愛着を持って育てることはとても素敵なことです。
土も同じように愛着を持ってみませんか?自分で手混ぜして作った培養土だからこそ、自分に合った植物の管理ができるのではないでしょうか。
手混ぜ培養土は市販の培養土に代えがたいメリットをたくさん持っていると思います。
 
 
 
 
 
プロトリーフはたくさんの園芸の画像が集まるサイト、engeisを運営しています。
植物を栽培することだけが園芸ではありません。engeisは画像を通して植物と触れ合うこともひとつの園芸の楽しみ方であると提案します。
engeisに植物の画像を投稿して、楽しんでみてください!

(こちらのバナーをクリックするとengeisのページにアクセスします。)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ちょこっと家庭菜園

 

先週よりはっきりしないお天気が多く、例年より入梅が早い傾向にあるようですが、皆さまは今シーズンの野菜栽培ははじめられましたでしょうか?

 

栃木県鹿沼市のハウス前には、右写真のジャガイモの葉が生き生きとしています。

 

 

店頭の野菜苗もだいぶ落ち着きを見せ、今後はもう少し成長した12cmポット以上の大苗がお目見えします。

ハーブや葉もの野菜の種まきも、まだまだ遅くはありません。

 

 

さて、これからでも始めようという方、

当社では汎用性の高い商品のほかに、ポイントを絞った培養土も多く取り扱っています。

 

今回ご紹介するのは、その名も「家庭菜園の土」

 この商品は2009年発売のまだまだ新しい商品です。

     

 

あえて「野菜の土」としなかったわけは?

「家庭菜園」というダイレクトな言葉を使うことで、初心者の方にもわかりやすくするためです。

 

 

さて、中身は?

   

花と野菜の有機培養土とあまり変わらない中身ですが・・・

 

赤玉土や鹿沼土を減らし、重さの軽いピートモスを増やし、

また、もみがら堆肥を加えることで重さ軽減と物理性の改善に努めました。

初めての方がベランダで使っていただくことを想定し、実は、通常の配合よりも少し軽くしてあるのです。

 

また栽培には足りない5Lという容量にこだわったのは、

初心者の方の「まずは始めてみる」という気持ちを後押しできるような商品!

そんな思いが込められているのです。

 

さらに、当社他商品の5Lサイズより店頭価格を100円ほど安く設定できるよう、

重さだけでなく、お値段も軽くしました!

 

 

「初心者の方に使っていただきたい、とにかくガーデニングをはじめてもらいたい」

 

そんな思いを持った、若手営業兼開発担当者と若手女性デザイナーが手がけた商品です。

 

 

広いスペースがなくてもOK!

何からはじめて良いかわからない方も、ちょこっと家庭菜園がこれでつくれますよ。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

培養土の「レシピ」とは?

 

プロトリーフでは培養土を皆さまにご提供しておりますが、ご自身で培養土をつくったことがあるでしょうか。

 

お恥ずかしながら、私自身はつくったことがありません・・・

やはり、手間がかかりますしどんな培養土をつくったらよいか、難しく思えますよね。

 

しかし、実際の製造現場をみてみると、なんとも「料理をつくる」ことと似ているのです!

というのも、培養土の配合(原材料の割合)のことを「レシピ」とよんでいます。

「この商品はこのレシピでやりましょう」といった具合に。

  

カレーをつくる材料は、お肉_200g、ジャガイモ_3個、ニンジン_2本、たまねぎ_2個、カレールウ、調味料 とすれば、

培養土をつくる材料は、例えば、赤玉土_3割、鹿沼土_2割、腐葉土_2割 ・・・などとなります。

  

  

ここで、当社商品を実際にご紹介しましょう。

  

昨年、プロトリーフは10周年を迎えました。

その創業間もなく誕生した商品に、「花と野菜の有機培養土」というのがあります。

ちょうどこの秋で10年になる、ロングセラー商品です。

こちらの商品、どんな材料でできているのか裏面を見ると、

   ・          赤玉土

   ・          鹿沼土

   ・          ピートモス

   ・          バーク堆肥

ここには記載がありませんが、  くん炭、  元肥としての有機肥料 が入っています。

 

そして、実際の中身はこんな感じです。

  さらにアップ!

黄色く見えるのが「鹿沼土」、黒っぽいのが「バーク堆肥」です。

  

これをそれぞれ何割ずつ配合しているか、というのがレシピになりますが、これは企業秘密です!

  

  

創業当時のプロトリーフには生産者さんと考案した、軽くて使いやすい「培養土」がメイン商品でした。

当時としては画期的な商品ではありましたが、やはり園芸の土といえば「重量があり、

しっかりとした赤玉土などがブレンドされたレシピ」というのが通説。

そこでいろいろな培養土を見て、触って、多くの試験を重ね、試行錯誤の結果できあがったのがこの商品です。

 

  

前にもお話しましたが、ここで当社が一番重要視したのが「根の生育」。

初期成育に必要な栄養素はもちろん入っていますが、できるだけ「根の生育」を助けるための工夫がされています。

 

  主な工夫 その1・・・くん炭を入れることにより、保肥力アップ!浄化力アップ!

         その2・・・たい肥は根にやさしい完熟したものを厳選!

         その3・・・pH、ECを調整、微量要素まで吸収されやすい環境に!

 

そして文字通り、花と野菜いずれにもご使用いただける、スタンダードな商品なのです。

  

  

レストランでおいしい料理にであったとき、このソースは何からできているの?!と疑問を持つように、

ぜひ「培養土」でもどんな材料からできているの?!と気にかけてみて下さい。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ