園芸を楽しむすべての人に

保田

2019年の家庭菜園はカゴメトマト苗とカゴメトマトの土で決まり!

こんにちは。 研究開発部の保田です。
皆さん、今年の家庭菜園の準備はお済みですか? トマトを含めた野菜の会社で有名なカゴメ株式会社様。弊社ではカゴメ株式会社様の家庭園芸用品種のトマト苗を取り扱っています。
今回の記事ではカゴメ株式会社様が持つ数多くの品種から選抜された自慢の品種をご紹介します!

カゴメトマト苗の品種について

KAGOME トマト苗 こあまちゃん




ミニトマト。房が長く、たくさん実がなります。甘さにこだわった、おいしいミニトマトです。

KAGOME トマト苗 手間のいらない中玉トマト苗


中玉トマト。支柱もわき芽もいらないほったらかしで育てられる中玉トマトです。地植えに向いています。

KAGOME トマト苗 ぷるるん


ミニトマト。とにかく皮がうすくて、まるでさくらんぼのような新食感のトマトです。こどもや年配の方に特に好評です。

KAGOME トマト苗 こあまちゃんオレンジ


ミニトマト。β‐カロテンで鮮やかなオレンジ色になります。β‐カロテンはオレンジ色の色素で体の中に入ると必要に応じてビタミンAに変換されます。

KAGOME トマト苗 GABAリッチ トマト




ミニトマト。GABAが多くなる性質があります。GABAは天然アミノ酸の1つでストレス時代を生きる現代人に有用な成分として注目されています。

KAGOME トマト苗 高リコピン トマト




中玉トマト。リコピン量が高くなる遺伝子的性質があり真っ赤になります。リコピンは活性酸素を消去する赤い色素です。(※天候などの栽培環境の影響で左右されます。)

カゴメトマトの土

2年4シーズンの試験を経て開発された「KAGOMEかる~いトマトの土20L」と「KAGOMEそのまま育てるトマトの土15L」。カゴメトマト苗を育てるなら、この土がおすすめ! 主原料はココヤシピートとハスクチップです。これらを採用したことにより、軽くて楽に持ち運びができます。また、トマトの栽培が終わった後もそのまま燃えるゴミとして捨てることができます(※自治体によって異なりますのでご確認ください)。
すぐに効く肥料とゆっくり長く効く肥料をバランス良く配合することで追肥の必要が無く、水やりだけで5段目までトマトの収穫を楽しむことができます。 (※ミニトマトの場合です。中玉以上は市販の肥料のパッケージ記載内容に応じて適宜追肥をしてください。)
地球を掘らずに採取できるココヤシピートとハスクチップを主原料にすることにより、育ちだけではなく地球環境にやさしいことも大きな特長のひとつです。

気になるカゴメトマト苗、どこで売っているのかすぐに調べられます!

今年の家庭菜園はカゴメで決まり!でもどこで売っているのかがわからない。そんな方のために、取扱店舗検索システムを用意しています。

弊社オフィシャルサイトのトップページにある「KAGOME トマトの苗シリーズ 取扱店舗はこちら」のバナーをクリックすると、検索システムにアクセスすることができます。

カゴメトマトの苗取扱店舗検索システムができました


詳しくはこちらのブログ記事で紹介しているので、こちらの記事も要チェック!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

カゴメトマトの苗取扱店舗検索システムができました

こんにちは。
研究開発部の保田です。

家庭菜園シーズンに入ると、「カゴメのトマトの苗はどこで売っているの?」とお客様からお問い合わせをいただくことが多くなります。
これまでは確認に時間を要し、お客様をお待たせしてしまうことがしばしばありました。お客様に対してよりスムーズに情報を提供できるようにするために、この度カゴメのトマト苗の取扱店舗検索システムを作りました。

取扱店舗検索システムの場所

*パソコンの場合

(画像はWindows10のブラウザFirefoxでアクセスした場合です。)
(画像をクリックもしくはタップすると画像のみを大きく表示することができます。)

弊社オフィシャルサイトのトップページに「KAGOME トマトの苗シリーズ 取扱店舗はこちら」のバナーがありますので、こちらをクリックしてください。

*スマートフォン、タブレットの場合

(画像はiPhone7 PlusのブラウザSafariでアクセスした場合です。)
(画像をクリックもしくはタップすると画像のみを大きく表示することができます。)

弊社オフィシャルサイトのトップページに「KAGOME トマトの苗シリーズ 取扱店舗はこちら」のバナーがありますので、こちらをタップしてください。

取扱店舗検索システムの使い方

取扱店舗検索システムの使い方をご紹介します。ここではパソコンで検索した場合の画像を掲載しています。

(画像をクリックもしくはタップすると画像のみを大きく表示することができます。)

バナーをクリックもしくはタップすると地図上に商品のアイコンが表示されている画面が出ます。商品のアイコンが表示されている場所が、その商品の取扱店舗であることを示しています。

(画像をクリックもしくはタップすると画像のみを大きく表示することができます。)

商品アイコンをクリックもしくはタップすると、その取扱店舗の情報を見ることができます。販売予定日を確認することができますので、おでかけの目安としてください。なお最新の在庫状況などについては直接取扱店舗に連絡をして確認をしてください。

欲しい商品にチェックをつけることで取扱店舗を絞り込むこともできます。チェックボックスの下にある逆三角をクリックもしくはタップすると、店舗一覧を見ることができます。虫眼鏡アイコンをクリックもしくはタップするとテキストボックスが表示されるので、フリーワード検索が可能です。

「お客様の大切な時間を可能な限り無駄にしないようにしたい」という思いからできた取扱店舗検索システムです。ぜひご活用ください。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その82】トマトのたい肥


こんにちは。
研究開発部の保田です。

トマトのたい肥は畑でのトマト栽培におすすめの、トマト専用のたい肥です。
約1平方メートルの畑でトマト苗を2本栽培する場合、これ1袋で土づくりができます。

牛ふんが土をふかふかにして、くん炭が通気性、排水性を改善してくれます。

あらかじめ有機石灰をなじませてありますので、トマトにカルシウム分を補うことができます。

牛ふんとくん炭と有機石灰を配合することで、微生物の働きが活性化して、土のバランスが良くなり、おいしいトマトを育てることができます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【2019年3月】土ブログアクセスランキング

こんにちは。
研究開発部の保田です。
2019年3月の土ブログのアクセスランキングを報告します。

期間:2019年3月1日~3月31日
対象:記事ページ
評価:ページビュー数

1位

ココヤシピートだけで植物が育つのか?

2位

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。

3位

粒状かる~い培養土でポーチュラカウェルデルマニーのさし芽に成功してしまった。

4位

【土の種類と特徴 その7】 桐生砂(きりゅうずな)

5位

学校では教えない培養土の作り方(培養土の知識)

6位

もっとココヤシピートを知ってもらいたい!

7位

土の表面に白いモヤモヤしたものが現れたときにおすすめしたいメンテナンス方法

8位

【土の種類と特徴 その8】 富士砂(ふじずな)

9位

【土の種類と特徴 その5】 真砂土(まさつち、まさど)

10位

2018年の家庭菜園はカゴメトマト苗とカゴメトマトの土で決まり!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その81】食虫植物の土


こんにちは。
研究開発部の保田です。

夏の時季に必ずホームセンターの園芸コーナーや園芸専門店に並んでおり、睡蓮に次ぐ夏の季節性植物が食虫植物です。専門性が高いイメージの強い植物ですが、これまで専門培養土はほとんど存在していませんでした。
その特異な姿かたちから、各種メディアで取り上げられ、認知度は高まってきています。


食虫植物研究家木谷美咲氏監修の食虫植物の土は代表的な食虫植物である、ハエトリソウ、ウツボカズラ、サラセニアなどを育てるための専門培養土です。酸性土壌を好む食虫植物のためにブレンドした、鹿沼土やピートモスをメインとした配合になっています。

この土は水がゆっくり浸透するため、勢いよく与えすぎないようにするのがポイントです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その80】ペレット再生材


こんにちは。
研究開発部の保田です。

なるほ土シリーズは「均一さ」をコンセプトに、バラバラの形状をしていた原材料を均一なペレット状に成形し、その際ペレットに肥料を練り込むことで、植木鉢の中の土壌環境を均一に整えます。

ペレット再生材はバークたい肥ペレットと牛ふんたい肥ペレットをメインに配合した、古い土や再生したい土に混ぜて使う資材です。ペレットという形状のため土に均一に混ざり合います。

マグァンプ®Kと微粉ハイポネックス®をペレットに練り込んであるので、効率よく植物に栄養分を与えることができます。※マグァンプとハイポネックスは株式会社ハイポネックスジャパンの登録商標です。

有機質肥料としてのたい肥が土壌改良を、化成肥料が栄養補給の役割を担うので、ダブルパワーで植物が育つ土に再生させることができます。



ペレット再生材の特徴を動画でも解説してします。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【商品紹介 その79】ペレット培養土


こんにちは。
研究開発部の保田です。

なるほ土シリーズは「均一さ」をコンセプトに、バラバラの形状をしていた原材料を均一なペレット状に成形し、その際ペレットに肥料を練り込むことで、植木鉢の中の土壌環境を均一に整えます。

ペレット培養土は原材料の特長はそのままに、ギュッとペレット化した培養土です。粒のサイズを同じにすることで、鉢やプランターに注いだあとも原材料の粒がばらけることなく、鉢やプランターの中で均一な配合を保ちます。

原料がすべてペレット状なので、排水性と通気性にすぐれており、根張りが良くなります。団粒構造が作りやすくなり、細かな根が伸びていきやすい環境を作り出します。

元肥としてマグァンプ®Kと微粉ハイポネックス®をペレットに練り込んであるので、効率よく植物に栄養分を与えられます。※マグァンプとハイポネックスは株式会社ハイポネックスジャパンの登録商標です。

ペレット培養土は花苗、野菜苗、観葉植物、サボテン・多肉植物など一般的な園芸植物に使えます。※ランや山野草などの特殊な植物は、専門用土をご使用ください。



ペレット培養土の特徴を動画でも解説してします。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【2019年2月】土ブログアクセスランキング

こんにちは。
研究開発部の保田です。
2019年2月の土ブログのアクセスランキングを報告します。

期間:2019年2月1日~2月28日
対象:記事ページ
評価:ページビュー数

1位

ココヤシピートだけで植物が育つのか?

2位

培養土を手作りして使ってみよう!手混ぜ培養土のススメ。

3位

粒状かる~い培養土でポーチュラカウェルデルマニーのさし芽に成功してしまった。

4位

【土の種類と特徴 その7】 桐生砂(きりゅうずな)

5位

土の表面に白いモヤモヤしたものが現れたときにおすすめしたいメンテナンス方法

6位

もっとココヤシピートを知ってもらいたい!

7位

【土の種類と特徴 その5】 真砂土(まさつち、まさど)

8位

桐生砂と富士砂が人気のようです

9位

【2019年1月】土ブログアクセスランキング

10位

【土の種類と特徴 その8】 富士砂(ふじずな)


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

観葉植物が植わっている土からカビが出たときの対処法


こんにちは。
研究開発部の保田です。


観葉植物を育てているとこのように土の表面にふわふわとした白いものがついていることがあります。これは放線菌という植物にとって有用な菌の一種で、土壌に分布する、広く一般的な土壌微生物です。

細胞が菌糸を形成して細長く増殖するので、その形から放線菌と呼ばれています。菜園では、高分子の有機物を分解する役割を担っています。
(「育つ土」を作る家庭菜園の科学 発行所:株式会社講談社 ISBN:978-4-06-257895-0 より引用)

放線菌が土の表面に出ても植物に悪い影響はありません。自然界では土壌中に広く存在して、落ち葉などの有機物を分解する役割をもっている有益な菌です。
放線菌の増殖に適している土のpHは5~9と言われており、最適なpHは6.5~7.5と言われています。園芸培養土のpHはおおよそこの範囲内に収められているので、もともと放線菌が増殖しやすい環境になっています。

土の表面に放線菌が付着している時のおすすめのメンテナンス方法


まず、放線菌が付着している部分の土を移植ごてのようなものでこそぎ落とします。

次にこそぎ落として減った分、新しい土を補充します。完全に放線菌を取り除くことは難しいものの、こうすることで放線菌の再発生を起きにくくすることができます。

プランターや鉢で植物を育てていて、土の表面に放線菌が現れたときには、この方法を試してみてください。

弊社オンラインショップでは、室内向け観葉・多肉の土を販売しています。

室内向け観葉・多肉の土

※パソコンの方は上の商品画像をクリックすると、弊社オンラインショップの室内向け観葉・多肉の土のページにアクセスします。
※スマートフォン・タブレットの方は上の商品画像をタップすると、弊社オンラインショップの室内向け観葉・多肉の土のページにアクセスします。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

粒状かる~い培養土で多肉植物を植え付けてみた

こんにちは。
研究開発部の保田です。


先日、知人から多肉植物をもらいました。手持ちに白色の陶器製の鉢と粒状かる~い培養土がありましたので、このように植え付けてみました。

自己流で植え付けるのも不安なので、こちらの動画を参考にしています。

ピンセットや竹串で培養土の隙間を埋めるときに多肉植物の根を傷めないよう、鉢の周辺を突くようにすることがポイント。

粒状かる~い培養土について

粒状かる~い培養土は堆肥などの有機質を一切使っていない培養土です。カビが生えにくく虫が寄りにくいので、お庭やベランダだけではなく、お部屋の中で植物を育てる場合にもおすすめです。

粒状の原料のみを使い、通気性と排水性にこだわり、従来品とくらべて約30%の軽量化を実現した(当社比)、持ち運びやすい培養土です。

一般的なサボテンや多肉植物の栽培にもおすすめしたい培養土です。

粒状かる~い培養土は水やり直後(画像右)と乾燥時(画像左)で土全体の色が変わるので、水やりのタイミングがわかりやすいのも特徴です。

園芸ビギナーの方から寄せられる声に、水やりのタイミングがわかりにくいという内容があります。粒状かる~い培養土を使えば水やりのタイミングがつかみやすくなりますね。

粒状かる~い培養土は排水性と通気性に富んでいるので、水がサッと抜けていきます。植物の管理に時間が取れる方にはとてもおすすめしたい商品です。

弊社オンラインショップでは、粒状かる~い培養土を販売しています。

粒状かる~い培養土

※パソコンの方は上の商品画像をクリックすると、弊社オンラインショップの「粒状かる~い培養土」のページにアクセスします。
※スマートフォン・タブレットの方は上の商品画像をタップすると、弊社オンラインショップの「粒状かる~い培養土」のページにアクセスします。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ