園芸を楽しむすべての人に

栽培

2017年春の栽培試験 地味だけどとても大切な日常管理編

こんにちは。
研究開発部の保田です。

春の栽培試験の様子の続きをお届けします。これまでの記事のリンクはこちらに貼っておきますね。

2017年春の栽培試験 培養土まとめ作業編

2017年春の栽培試験 鉢への培養土充填作業編

2017年春の栽培試験 コマツナプラグ苗定植編

栽培試験とはいえ、作業は特別なことばかりではありません。むしろ目立たない地味な作業が主だったりします。栽培試験で良い結果を出すためには、この地味な作業が重要だったりしますので、気は抜けません。地味作業のひとつとして挙げられるのが水やりです。
“栽培試験”なので、条件を均一にすることが必要です。どこか条件がずれてしまいますと、試験の評価ができなくなってしまいます。土が持っている力を比較できるようにするために、コマツナの水分コンディションを均一にすることも重要です。

水やり何年という話ではありませんが、水やりは見ているよりも難しいです。慣れが必要ですね。同僚の向田は慣れた手つきでさっさと水やりをしていました。

日光圃場で育てているミニトマトは第1果房に実を付け始めました。これからどんどんと気温が上がっていく時季になりますので、皆さんもガーデニング作業をされるときは、こまめな水分補給を心がけましょう!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2017年春の栽培試験 コマツナプラグ苗定植編

こんにちは。
研究開発部の保田です。

春の栽培試験の様子の続きをお届けします。これまでの記事のリンクはこちらに貼っておきますね。

2017年春の栽培試験 培養土まとめ作業編

2017年春の栽培試験 鉢への培養土充填作業編

1週間日光圃場に缶詰出張して、土を充填した鉢にコマツナプラグ苗を定植などの作業をしてきました。

200穴セルトレー8枚分のコマツナプラグ苗は無事に元気に育ってくれました。双葉の間から本葉が出てきているのがわかりますね。1,600粒のコマツナ種子を蒔いても1,600粒全てが順調に育つわけではありません。それを見越して試験検体に間に合うよう、苗を用意する必要があります。

ピンセットでプラグ苗を持ち上げた様子。うっすら根が張っているのがわかりますね。

予めプラグ苗を植え付けるために、土に穴を開けておきます。そこにプラグ苗を定植して、軽く土を寄せたら完成です。

あとは約900回繰り返すだけです。…だけです。栽培試験なので、植え付けは1日で終わらせる必要があります。条件がずれてしまいますからね。朝からせっせと植え付けて、なんとか夕方は終わらせることができました。

あとは約2ヶ月間様子を見ながらの栽培。ここで土が持っている力がコマツナの生長を通して見える化されます。どんな結果になるか楽しみです。

東京に戻って事務作業の山が待っている…


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2017年春の栽培試験 鉢への培養土充填作業編

こんにちは。
研究開発部の保田です。
前回の記事から今年の春の栽培試験についてお届けしていますが、今回の土ブログも春の栽培試験について書きます。
前回の記事はこちらからどうぞ。培養土まとめ作業について書いています。

2017年春の栽培試験 培養土まとめ作業編


今度はまとめ終わった培養土たちを鉢へ充填していく作業です。すべて充填し終わった様子がこちら。画像に写っているのは全体の一部です。

ずらずらと鉢が並んでおりますが、1検体あたり3反復取ります。今年も検体数は300超えですので、鉢の数はその3倍の900鉢以上。さらっと900鉢以上とか言ってますけど、900回以上の充填作業はさすがにキツい。充填作業の最後の方はみんな黙って作業してました。体力も必要ですが、忍耐力も必要かも。
来週は1週間日光圃場でコマツナプラグ苗定植作業です。いよいよ今年の栽培試験が始まります。1週間日光で缶詰めかぁ…。データ取得のために頑張ります。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2017年春の栽培試験 培養土まとめ作業編

こんにちは。
研究開発部の保田です。

今年もやってきました、研究開発部の年一番の大仕事の春の栽培試験。今回は全国から届いた培養土の仕分け作業をしてきました。

これは届いた培養土のほんの一部です。培養土がどっさり。

これらをひとつひとつまとめていきます。

最終型はこんなイメージです。

当社研究圃場がある栃木県日光市のこの時期は、晴れの日の昼間でも風が吹くと涼しく感じますが、ビニルハウス内は晴れると蒸し風呂状態になるので、このまとめ作業は結構キツい作業なのです。当社の研究開発部の作業は基本体力仕事。研究室で分析作業に没頭する日もありますが、圃場では肉体労働アンド肉体労働です。

同僚の向田もせっせと作業をしています。

なんとかまとめ作業が終わり、今回の作業は終了です。今後は、パッケージ写真撮影、栽培試験用の鉢への土の充填、コマツナプラグ苗の定植を行っていきます。
まだまだ今年の春の栽培試験は、始まったばかり。6月末のデータ採取日まで気が抜けません。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2018年度新卒会社説明会が終わりました。そして年一番の大仕事がやってくる。

こんにちは。
研究開発部の保田です。

今日で2018年度新卒採用説明会が終わりました。今年も説明会に多くの学生の皆様にご参加いただきました。感謝申し上げます。この説明会を通して、当社のことや園芸、はたまた土にもっと興味をいただけるととても嬉しいですね。

さて、明日から4月です。4月ということで、研究開発部の年一番の大仕事である、春の栽培試験がやってきます。

2016年春栽培試験 ー準備篇 種まきー


昨年は1,200粒のコマツナ種を播種していました。一体今年はどうなるのでしょうか。今年もその様子を土ブログでお伝えできればと思います。栃木からの投稿もあるかも!?
日光圃場に泊りがけで入り浸り、土と向き合う日々…当社研究開発部の仕事は、他の会社ではなかなか経験できないので、興味のある新卒の方は是非!若い力をお待ちしています!!!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2016年春栽培試験 ー準備篇 試験区確認ー

こんにちは。
研究開発部の保田です。
前回の土ブログで2016年春栽培試験 ー準備篇 種まきー をお届けしました。今回は同じ準備篇ということで試験区確認の様子をお届けします。

設定試験区は300以上

毎年春になると店頭には各社から新商品を含めて様々な培養土が並び始めます。弊社はそのうちの1社であり、全国のホームセンター様、園芸店様に弊社商品を並べていただいています。
IMG_8459
研究開発部の向田と一緒に全国から集った培養土の確認作業を行いました。設定試験区に漏れが無いかを確認中。
IMG_8457
IMG_8458
約300袋の試験区確認に1日かかりました。単に培養土の有無を確認するだけではなくて、他社様の培養土のパッケージにどのような言葉が書かれているかも確認しています。それらをまとめることで培養土のトレンドは何なのか、どのような新しいコンセプトが生まれているのかを知ることができます。これは当社の商品開発にも密接に関係してくる作業になりますので、時間を惜しまずに作業にあたります。
次の作業は試験用ポットに培養土を充填して、コマツナ苗の定植を行います。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

2016年春栽培試験 ー準備篇 種まきー

こんにちは。 研究開発部の保田です。
今年も全国栽培試験がはじまります。先日1週間日光圃場で作業を行ってきました。今回は準備篇ということで種まき作業の様子をお届けします。 栽培試験は通年で行っている作業ですが、毎年春に全国のホームセンター様、園芸店様から培養土を調達し、当社既存アイテムと他社様のアイテムとの大規模な比較栽培試験を行います。これにより当社製品の品質を確認することができます。この栽培試験のデータの蓄積により、プロトリーフ製品の品質を支えているのです。

供試植物はコマツナ

IMG_8460 栽培試験はコマツナを用いて行います。なぜコマツナかというと、コマツナは発芽阻害感受性が高い、言い換えると環境ストレスに敏感な品種です。培養土の環境を判断するには非常にわかりやすいのです。

コマツナの種まき

IMG_8464
200穴セルトレーを用いて種まき作業を行います。セルひとつに対してコマツナ種子を1粒蒔いていきます。根気のいる作業ですが、ここでコマツナがしっかりと発芽しないと栽培試験ができませんので、始めのこの作業が重要となります。もちろん発芽しない個体がありますので予備分もしっかりと蒔いておきます。種まき用の土にはココヤシピートを使用しています。軽いので作業が楽に行えます。
IMG_8462
種まきから1週間後、コマツナ発芽の様子を確認してみると、ちゃんと発芽していました。200穴セルトレー6枚分なので1,200個体ですね。ここから約2週間程育苗し、栽培試験用培養土に定植します。その様子は改めて本ブログでご紹介します。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ココヤシピート栽培試験の様子

こんにちは。研究開発課の向田です。

ココヤシピートは「花と野菜にイーノ!培養土」や「花野菜用 かる~い培養土」など多くの弊社商品の原料として使用しており、ココヤシを素材とした安全で環境に優しく、持続可能な素材です。

ココヤシピートの品質を保つために日々栽培試験を行っています。

DSC06236


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ジャガイモのプランター栽培

こんにちは。研究開発課の向田です。

秋から育てられる野菜の一つにジャガイモがあります。

ジャガイモなどの根菜類は畑で育てるイメージが強いかと思いますが、深さのあるものを用意すればプランターでも育てられます。

DSC06085

また、当社商品「ジャガINじゃが培養土20L」はプランターや鉢を用意しなくても袋のままジャガイモを育てられますので、これからの季節も園芸をお楽しみいただけます。

SONY DSC


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

植物の栄養:カリウム

こんにちは。研究開発課の向田です。

 

カリウムは植物の三大栄養素の一つとして知られています。

カリウムは植物の水分吸収と関係があり、カリウムが不足すると植物が乾燥しやすくなってしまいます。

また、カリウムが多すぎると今度は葉の葉脈以外の部位の色が薄くなって生育に影響します。

 

園芸のご参考になれば幸いでございます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

生活・文化(全般) ブログランキングへ
人気ブログランキングへ